昨日の今日ミヤではってたラクガキ。

こんにちは! 宮本一二三です。
最近、夜が寝られず日中オソロシイ眠気が襲ってきます。
生活環境を見直すべきか。



◇ こういうのばっかり考えてます ◇ 全身図はそのうちー。
CCF20200510_kazuhumi miyamoto00


山の民(富桑国)の護衛服はわざと作りが甘い構造にしてます。
装甲部分は「いちおう着けてみました」みたいな感じです。

衣服は全体的に厚地の布でゆったり目なデザイン。
チベットあたりの日常服を地味めにしたような感じの服です。構造自体は単純。
むしろマントが大事(雨よけや体温調節のために)。
模様は作画の低燃費さと奇抜さの折りあいをつけました。一部の人が深衣(中国の昔の服)よりっぽいのはワザとです。
あのへんの地方の人たち、男女ともにホントはジャラジャラとアクセサリーをつけるらしいのですが、お忍びなので省略してもいいのかな?

余談ですが、夕方にBSでやっている中国物ドラマを母が見てまして私もチラ見しているんですが、最近の作品だと日本に着物を輸出している関係上、あちらの衣装が日本風だったり(女性の脇部分に切れ目ないしさすがに「おくみ」はないけど)、舞台設定がもろにファンタジーなのでRPGのコスチューム! って感じだったり、ドラマじたいが清代設定なので近代すぎて参考にならぬ! って感じでウームです。
綺麗すぎるんですよね。もっと土っぽい乾燥した感じが欲しい。
生活している雰囲気や庶民はあまり見ないんですよね。

中国歴史ドラマ「関羽」録っとけばよかったなあ。ブルーレイ化しているのかな。
昔の作品は衣装に重みのあった気がします。とくに甲冑。
 
ただたんに昼ドラと歴史大河ドラマの差なのかもしれないんだけど。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント