ぎりぎりユウレイ感想。

こんばんは! 宮本一二三です。
今日の深夜一時くらいにおきて前回の「動物戦隊ジュウオウジャー」「仮面ライダーゴースト」をみました。
ジュウオウジャーは回を増すごとにキャラクターが好きになりますね。
今のところ大和がじゃっかん飼育員のお兄さんみたいなんですけど、ジューマンのみんなも人間界に馴染みすぎて困るような展開になったりするのでしょうかね。ヽ(´∀`)ノ
ラリーさんの話は二回でじっくり描いてよい話でした。のちのち鳥男とラリーさんがあってもおかしくないような流れになって来ましたよ?
このまま、登場人物の描写を丁寧にやっていってほしいなあ。

――で、ゴーストのほうなんですが。前から話の展開が早いきらいがありましたが、今回の話はちょっと急ぎすぎでした。
おもにタケルの心境が急展開すぎてちょっとポカーン。前後編にして、前編の最初でタケルが悩んでいる描写があってからの周りへの八つ当たり、そして自信喪失→ 後半で眼魂たちの信頼を取り戻して無双、のほうが自然だったように思います。
玩具の販促なんかの関係でできなかったのかもしれませんが、ちょっと八つ当たる前に原因を描かれないと「どうしたどうした?」ってなっちゃいますね。 タケルが普段いいやつなので特に。自分もキャラ描写で気をつけねばと思いました。

スペクターさんことマコト兄ちゃんが相対的に今回とてもマトモでしたが、人間界からオサラバしてしまいました。眼魂はどっかいっちゃったけど身体はあるので大丈夫というステキ仕様でよかったねスペクターさん。
アラン様はたこ焼き食べてニッコニコでなごみました。もともとちょっと面白い人でしたが、キャラクター的に面白くなりすぎです。うっかり感想がとどこおってしまい書き忘れてましたがネクロムも大好きです!!
前回眼魔の世界で手に入れた謎ベルトは十五個すべての眼魂の力を結集して使えるグレイトフル魂に変身できる、というスグレモノでしたが、なにやら門矢士ことディケイドさんを思いだすお姿でした。いや、どっちかというとカラーリングはオーズでフォルムはフォーゼっぽいかな? 玩具っぽい感じ。

次回は一時間ぜんぶ「ゴースト」関連なんですが、上記のこともかんがみてみると年間での尺がちょっと足りないんじゃないか? と心配になりますね。
中身すっかすかより中身ぎうぎうのほうがだんぜんマシだけどね!! 中身がなくて許されるのは竹の節の中身とピーマンと一口香(誤魔化すという言葉の由来になった説のある胡麻のお菓子。美味しい)くらいだ!
(「・ω・)「ガオー


◆ 今日のミヤモト格納 ◆

2016-03-26 kyoumiya
飯食って寝ればいっき治る!!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント