兄妹。

こんにちは、誰も来ていないのをいいことに記事を編集しまくる宮本一二三です。(・Д・)ノ



◆ 兄妹絵 ◆

2016-03-13 kyoudai-totyuue
兄のほうだけ描いてて、なんとなくぬり始めてしまい、物足りないなあ、と思って妹のほうも描いてしまいました。
まだぜんぜんとちゅうですが、先週分からニチアサみれてないので、みてから続きやりますー!!
昨日寝落ちしてしまったぶん、しっかり更新したいと思います。(*・`ω´・)ゞ



◆ ぬり経過 ◆

2016-03-13 kyoudai-totyuue2
髪と肌に色がはいったところ。
兄のほうは描きなれてなんとも思わないんですけど、妹のほうはなんでこんなメンドクサイ髪型にしちゃったんだろうと思います。
デザインしたのは自分ですけどねー。


2016-03-13 kyoudai-totyuue3
主線をいれたところ。
服の色をどうするか悩んで、とりあえず線をいれたあたりです。


2016-03-13 kyoudai-totyuue4
とりあえず背後の潅木に色をつけました。
うっかり妹のほうの前髪に雫をたらしてしまったので、「これはこういう効果だ!」と言いはるためにほかの部分にもボカシを作ろうと思います。

着物の色、どうしようかなー?



◆ 完成!! ◆

「やさしい時間」。まっち絵の具の練習で描いた「龍龍」の主人公兄妹絵。
「やさしい時間」。スキャナーより写真のほうがいい感じだったのでこれはデジカメ写真です。
まっち絵の具と画用紙でぬっていると、中学生の時(大昔です!)に穂先のまとまりにくいナイロンの筆で主線をムリヤリ仕上げにいれていたことなんかを思いだします。というかぬりかたその時から変化も進化もしてない!!
気のせいか服のデザインなんかも’90年代臭がしますね。
若い人には新鮮かもしれないが同年代の人はもだえるかもしれん。すみません!


画用紙なれてなくってぬりにくいです。ヴィフアール水彩紙とクサカベ水彩絵の具の相性のよさを思い知りますね!!
わりとがんばりました。(*・`ω´・)ゞ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント