衣装、こもごも。

こんばんは、宮本一二三です。
眠い。(つω-`。)



CCF20151008_kazuhumi miyamoto0000
染色のことをいろいろ考えるのは楽しいのです。
アルミは椿の樹木を燃やすと採れますよ。鉄はわりと岩や土に酸化鉄なんかがありふれている。
ちなみにわが郷里の大島紬は泥のなかの鉄分で色素を定着させます。染料はシャリンバイ。
鹿児島の水は基本ミネラルが豊富なのです。なので出汁なんかもカツオ節のほうがよくでます。
昆布は軟水じゃないとあんまり煮だせないのだよね。関西地方の人はいいなあ。



CCF20151008_kazuhumi miyamoto0001
しゃらしゃら、しゃんしゃん音がしそう。
インド風なのかアラブ風なのかよく考えずに描いてどっちつかずになりました。


「天星」と「龍龍」の衣装のリアリティにどれくらいの差をつけていいものか悩み中です。
今のところ好き勝手やりすぎてどっちもファンタジー衣装だけど、これでいいんだろうか?
作中にでてくる「仙人」みたいなひとたちはけっこうぶっ飛んだ衣装でもいいんですが。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント