特撮における「悪党」の重要性。

こんばんは、シルバーウィークはぜんぶ出勤しますがなにか? 宮本一二三です。
そのあと連休なのを楽しみにきばっど!!


さて、「仮面ライダードライブ」の先週ぶんの二回目、今日ようやくみました!
剛がひたすらカッコイイ回でしたね。チェイスはすでに前回で剛をダチ扱いでしたが、剛も今回は自分がいつの間にかチェイスと友情を育んでいたと思い知る、すごく熱い展開でした。
あと、チェイスさんの力を借りたおり、変身後の名前のとおり動きがマッハになったり、蛮野に必殺技をかますところにチェイスの姿が重なるのもすごく好きな演出です!

それもこれも蛮野の悪辣非道さや、剛の苦悩をすこしずつ積み立てていたのが効いてきたのだと思います。
シグマサーキュラーをぎりぎりで起動させたものの、その直後、止めを刺そうとする剛に対する小者っぷりもみごとでした。
イヤもうスッキリした!!

最初ラスボスかなー? と思っていたハート様は、自分たちロイミュードの理想郷を創りたいという「人間ではないが絶対悪でもない、ある意味清らかな意志を持つ存在」に描かれていたため、「人間でありながら良心のかけらもなく、自分の目的のためには身内すら切り捨てる絶対悪の存在」蛮野と好対照をなしていました。

ここまで総スカンを喰らえるキャラクターを造形できるとは素晴らしいです。
真影壮一や仁良光秀も充分憎憎しい印象でしたが、それを超える自己中心性や科学者のおぞましさを感じさせてよいですね。
強大で兇悪な敵をを主人公たちがコテンパンにするからこそ、カタルシスをえられるんだなーとしみじみしました。

メディックはこれで見納めでした。最後に改心したりブレンの気持ちがわかったりと、最初にでてきたこ憎たらしい印象とはぜんぜんちがった印象になっていてよかった。馬場ふみかちゃんは本当に演技がうまくなったよなあ。

次回予告、最後のロイミュードになってしまったハート様の心境を考えるとすでに辛いです。
あれしか感情の持って行きようはないのだろうし、生き残ったのをいいことに隠遁生活なんて、仲間たちを自分の信条のために死なせてしまったと考える彼ならば、進ノ介とのサシの一騎打ちでの決着しかないんだよね。

個人的に三条脚本でいいなと思うのは「行っていいよ→ 逝っていいよ」のダブルミーニングなところや、霧子が「彼は私たちの守り神でした」とチェイスを表現するところや、おなじくまたチェイスのことなんですが、「死んだ」つまり人工的に創られた物としてはあつかわず、「ともに闘ってきた仲間」として霧子も進ノ介もあつかっているところです。


こまかい言語の機微にこだわられているのだなー、と感服しきりです。


さっき蛍光灯の高さを調節してしばらくしたら、前ぶれもなく蛍光灯が自決してしまわれた。
買ってこないとなあ、給料日遠いけど。


2015-09-18 kowareta

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント