人生の七割が黒歴史。

こんばんは、宮本一二三です。
とある人がひどく不機嫌だったため、仕事関係でなにか厭なことがあったのかと思ったら、私が原因の模様でした。
どうやら二日前に書いたここの記事の内容が逆鱗に触れたようです。

青文字から別窓に飛びます→ 問題の記事。

「生殖行為や社会的なかかわりめんどくさ」や「細胞分裂で殖やせれば~」ではなく、そのあとの自分の価値を下げた物言いがダメだったみたいです。
(むしろ細胞分裂のくだりはウケたようでした)
相手はおおらかな両親の元、のびのびと育った人なので、ほぼ放置された育ちの中間子の自分観が痛々しく思えてしまうらしいのです。「自分をないがしろにするな!」とよく叱られます。

たまに傷つけるような無神経な発言をしてしまうので気をつけていたのですが(私は相手が家族と良好な関係と聞いてもただなごむだけです)、地雷を踏み抜いてしまったらしく反省しました。
そしてストレートな好意にどう対応したらいいのかわかりません。


CCF20150314_kazuhumi miyamoto0000
原稿進んでないよー! といってもこんな感じです(画像は代理ですが)。
信頼には信頼で応えるしかないよな。


冷静に考えたら、本文にある「メイドください! 年齢性別問わないから!!」のほうが問題発言な気がするんですが、そこをスルーする相手の感覚がなんともいえませんね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント