おっとり飴と鞭。

こんばんは、ふたたび宮本一二三です。

今日は免許証更新の手続きに行きましたー。
視力検査が一番の懸念材料だったけど、なんとかクリアしました。
あと史上最悪に体重が重いのに、写真写りが今まで撮った中でトップクラスによくて不思議でした。五年前より人相がいいよ! 輪郭もそんなに肥えてないし。幸せだからか?(※ 画像はご勘弁を)


そういや、私、篆刻をしようと思って初心者用のキットを買っていたのですが、なにをどういう目的で彫ろうかと悩んだまま、説明書を読みこんだっきりでした。なので先日図書館で関連書籍を借りてきました。ハンコというものは古代メソポタミアがルーツで、もともとは泥棒よけの鍵としてもちいられていたとか、そういう知識なども載っており大変面白かったです。
白文(文字を凸面で彫る)か朱文(文字を凹面で彫る)かでも悩むんだよなあ……。
関係ないけど花押なんかも憧れます。西洋的なサインはなぜか照れてしまってダメなんですが。

2015-03-11 tenkoku
なんでもベッドの上に載せるよね。

絵以外にもやりたいことがたくさんですが、ほとんど目を酷使する趣味ばかりなので休息をちゃんととりつつせねばなーと思います。視力大事!!


そういえば、作品の資料的な意味で図書館から借りていた「デルスウ・ウザーラ 沿海州探検行」(東洋文庫)を休み休みで読了しました。
のっけから旅の荷造り描写で、山散策やらキャンプやらTRPGやら好きな人間(残念ながらぜんぶ最近やっておりませんが)の心をわしづかみにしていきました。植生やら動物描写やらが詳細かつ濃くて、本当に資料として一級品! 舞台は露西亜だけど遊牧民の生活描写の肉づけとして参考になりそうです。

個人的に一番ためになったのは「寒さ描写」でした。南国人には想像もつかない極限状態が描かれています。まつげに霜がおりるとかすごいな。面白いのはなにより題にもなっているデルスウ・ウザーラ氏の大森林(タイガ)内での生活力や情報収集能力のすごさよ。

手元にほしい一冊です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント