嫁! 

「ツンツンキャラ」と「お嫁さんによさそうなキャラ」がいたら、後者のほうが好きな宮本一二三ですこんばんは。

今日、バレンタインがらみのお菓子を届けにきた友人に「過去のTRPGのキャラをブログに載せていいか?」と訊いてみたところ快諾をえましたので、載せます。
この娘さんは上で言うところの「お嫁さんによさそうなキャラ」です。
前日載せました、「アメリカ原住民なグラスランナー君」といいコンビでした。
(初期メンバーは四人組+GMのサブキャラでしたが、あとの一人は宮本のデザインではないので載せられません)


◆顔絵◆ 
CCF20150215_kazuhumi miyamoto0001
金髪・緑目です。
ご本人希望はポニーテールでしたが、ポニテキャラはやや飽和状態だったために、動きやすくまとめた髪型にデザインした覚えがあります。バード(詩人)技能とレンジャー(狩人)技能もちでしたので、森でも身軽に動けるように! って。

レザーアーマー着用の全身図もあったのですが、あまり載せられるクオリティじゃなかったのでやめました。


◆ 俺の嫁!! ◆ 
上の絵だけじゃなんなのでオマケです。
自分がやっているキャラはじつは初の妻帯者キャラでした。しかも嫁がラミア。厳密にはラミアに変えられてしまった人間という裏設定のために、元の姿に戻す方法をえられる可能性の高いソーサラー(魔術師)技能をとったりしました。魔法を禁止されているロドーリル国出身なのに。頭はいいキャラなのでソーサラーには向いていたんですけどね。
あと、TRPGでは毎回シーフ(盗賊)をやっていたため、盗賊来るなー!(サイコロの出目いかんで悪党の家系出身になる=シーフ技能がもれなくつく)と気合を入れてサイコロを振ったのにまんまとシーフになってしまい、所持金の出目も揮っていたため「コイツは悪党は悪党でも、マフィア系の金持ちのボンボンだ」と周囲になかば決められた形で、なんかポヤーンとした兄ちゃんというキャラ造形がなされた記憶があります。

妻帯者にしたのにはパーティー内の擬似恋愛めんどくせ、というのが主な理由でした。
いろいろあったのだよ。いろいろ。


CCF20150215_kazuhumi miyamoto0000
ギリギリセーフな絵ですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント