最近買ったマンガ。

 立て続けに漫画を買ったのでざっくりとした感想をば。



「岸辺露伴は動かない」 
 荒木漫画は短編でもキレがいい。岸辺露伴という偏屈な性格の天才漫画家が大体ひどい目に遭う話です。
 「六壁坂」の話がリアルでぞくぞく。やはりホラーなサスペンス要素のものを描かれると生き生きしますね。
 (そんな中でも「密漁海岸」のオチが好き!)



「鬼灯の冷徹」 十一巻
 特装版は「猫好好のサイズ的にもてあますフィギュア(しかも嫌な感じに微妙に動く、らしい)」つき(一応ポストカードも)だったのですが、通常版を購入。お香姉さんは女性キャラで一番好きなので幼少期の話よかった! 猫&犬を中心にモフモフ祭りでひゃっほう。

 「休めよ日本人!」と鬼灯さんが叫んでいるんですが、この話の中で一番「お前が言うな!」ってツッコミが入るひとではなかろうか。今回もワーカホリックでしたし。



「山賊ダイアリー」四巻
 読めば読むほど「猟師生活」と「ジビエ料理」に心惹かれる漫画。美味そう。
 山芋とオニドコロの見分けかた、という田舎モンしか使わないマニアなネタもあいかわらず健在です!
 (↑ についてはうちの家族もまちがったことあります)
 ああどっか旅にでたい……。



 本屋は基本的にあまり行かないのですが(物欲がやばいからね!)、「動物のお医者さん」と「蟲師」の愛蔵版を見つけてしまい財布の紐があやうくなりました。どっちもおもしろいんだよなー! どうしよう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント