薩摩の夏のパキパキした色あい

こんにちは、宮本一二三です。
ちょっと仕事の段取りに慣れてきまして、精神力や体力の残しかたを心得てきました。
まったく未経験の業種ですが、おぼえることの多さに大変ながら未知のことを知るのは面白いです。
前の仕事よりデータや紙類と格闘するしお客さんとの対面のお仕事なんだけど、前のより楽しいです。
まだ本当にキッツイ目に遭ってないだけかもですけどね。

今朝は暑さが本格的になる前に写真を撮ってきました。ついでにガラケー万華鏡も作成。来週火曜水曜に更新するぶんのストックはできました。
毎日二記事くらいは更新していきたいです。

2019-08-03 niwa1
直射日光で色あいピンボケぎみ。

2019-08-03 niwa2
ポーチュラカの暖色系トレニアの寒色系が足されると色彩が華やか。

2019-08-03 niwa3
ポストカードみたいな構図のヒマワリ。

2019-08-03 niwa4
メルフェンむくげ。

2019-08-03 niwa5
2019-08-03 niwa8
この辺は趣味ですね。葉っぱの虫食いや影を愛でます。

2019-08-03 niwa6
トンボ。

2019-08-03 niwa7
今年のレモン、豊作の予感。

2019-08-03 niwa9
ハマユウ(浜木綿)。

2019-08-03 niwa10
梅雨前に私がヤブカラシ採集をサボったために、今年はあちこちに蔓延ってしまってます。
草じたいのかたちも好きなのでコレはコレで綺麗と思ってしまう。
つる草の形状は基本的に浪漫を感じます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント