15話までのリュウソウにたいするツッコミ。

こんにちは、宮本一二三です。
本日リュウソウ16話が放映されますが、それまでの3話をなんとか見たので軽くツッコもうと思います。
一行要約・補足あり。


13話⇒ こんな総理大臣は厭だ。
異世界感をだすのにてっとりばやいのは、食と衣装のズレで「一般人感をなくす」ことなんですけど、この回はしょっぱなからアスナが人間界のお菓子を食べていたりして(誰がお金だしているんだろう?)、リュウソウ族のタダメシ居候感がドンドン加速してきました。同時期の「ジオウ」では対価にお金を払う描写が一話から当たり前ででてきたので、リュウソウ族の連中はちゃんと衣食住の対価をお支払いしているのか? と、基本早送りで流し見しているんですけどそういうところが気になってきました。
そして一行ツッコミにもあるように中越典子さんの無駄遣い感ね。
あんな先見性も責任感も見受けられないひとを総理大臣にするリュウソウ内での日本の政治は大丈夫なんでしょうか?
そんな何人も愛する人を次から次へ黄泉の世界へ見送っていたら、もういいかげん恋愛自体を諦めるか、フツーにリュウソウ族の男と添い遂げやがれ!(江戸っ子口調)と自分で選んだ結果の見える出来事に対する責任のなさ、そういう部分に怒りがこみ上げてきます。
黒いひとと緑のひともあんな浅薄なひとに降りまわされて大変でしたね。
いや、死にたいならお好きに自決しなよ、そういう感想しかでないゲストキャラでした。このひと自分自身しか好きじゃねえよ!
戦隊物ってキャラクターたちのとってはシビアだったりする状況でも見ていて面白い、楽しくなるものなはずなんですけど、ギスギスカップルやリュウソウ族ふたりの取ってつけた争い(桃の言い方酷い、ラストでフォローいれてるけど)で心がささくれてきます。こんな感覚、はじめて(誉めてない)。
この話はまるっとけずって、のちのちでてくる「海と陸のリュウソウ族のレクチャー」にまわしたほうが有意義だったんじゃないでしょうか? 
いまだにいろんな部分がフワフワしすぎなんですよ。

14話⇒ こんな追加戦士は厭だ。
というより、この回性格がアレ(KUZUと直球で書こうと思いましたが、コレで)なひとたちしかいない。
朝の子供向け番組にホスト(献身的に貢ぐ相手が彼女なのにマイナソー生みだす元凶)やらホスト彼氏がいるのにほかの男に初対面でよろめく軽薄な女性やらすべてがズレ切ってメーターが振り切っているリュウソウ族の男なんて要らないです、というかもっと子供向けにした表現を追及していただきたいです。
前回の女総理と追加戦士の需要と供給が合致しているので、寿命の点でそりのあわない人間を結婚相手にするよりそちらでくっついたら万事解決では?
戦闘面でも水を使っている相手に火で対抗するなんてバカかよ? と思いました。
大人の職業にくわしい幼稚園児なら彼らの行動のあほさ加減に即嫌気がさしそうです。
「陸のリュウソウ族」「海のリュウソウ族」のとってつけた感、スゴイです。
基本的なことなんですけど、今までリュウソウ族の生活様式を説明していないのにあたらしい要素を足すのは差し控えて欲しいです(せめて3話内にそういう話があったらまだ理解できなくもないのですが)。なんだかそのうち「空のリュウソウ族」もでてきそうですねー(遠い目)。
個人的にはういちゃんもなんでこの娘こんなんなんかなーと思いました。
あやしいリュウソウ族の動向に感じの悪いツッコミを入れたあげく盗み録りって犯罪じみてて可哀想、キャラクターが。


15話⇒ 歴戦の特撮脚本家・荒川さんにすら覆せないフワフワ感。
戦闘面では連携や頭脳プレイもありマシな回でした。設定は死んでましたが。
たぶんリュウソウ族と人間のちがいって寿命の差くらいしか考えてなくて、寿命の差による問題や感覚のちがいなんかの肉付けは一切考えてないのでは?

骨格や土台すらないものに、赤の他人が肉付けをするのは無理ですよ。
根本から世界設定を作り直すくらいでないとなあ。


私、ビジュアルで誤魔化されていたんですけど、リュウソウジャーって根本的に異世界描写やファンタジーを舐めてかかっているなーとか、戦隊のフォーマットわかっている人には一切の説明しなくてもいい(=通じる)と勘違いしているよなーとか、制作陣のいいかげんさを読みとってしまってホントに哀しくなってきます。

一年もあるシリーズ物にはじめて触れるかもしれない未就学児童相手の作品なので、端折っても理解してくれる大人相手より懇切丁寧に説明を噛み砕いて表現してこそ愛される作品になるのではないでしょうか?
理解しやすくふさわしい表現を選んで欲しいです。 (「・ω・)「ガオー


あと、キャラクターはちゃんと存在意義を考えて置いてあげてほしい。
今のところクレオンが一番キャラクターとして立っているのはなんかまちがっている気がします。
悪の軍勢に共感をおぼえるような人間が制作陣にいるとしたらだなあ。
(画像をつける精神的な余裕も時間もないのでこのままとします)



◇ 7月6日のミヤモト ◇ 
そうそう、この前「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の13~15話を見て、まあ精神が「なんだこりゃ?」に埋めつくされたんですけど、そのあと「仮面ライダージオウ」を1話~ガイム編完結まで見てキャッホウ♪ となりました。見る前にちょっとハードル下げていた(過去のライダーに頼るなんてなーという思い)のと、リュウソウのあとだったのもあるけど、私ジオウ好き!! 過去に酷いこと書いてゴメンという思いとともに過去の自分を勢いよくハリセンでドツきたくなりました。

感想はもうちょっとジオウを見てからあとでまとめますねー!! ♪(o・ω・)ノ))
リュウソウにはたぶん一行しかツッコまない。
もうあれダメだ。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント