園芸品種も野草も喰らう!

こんにちは、宮本一二三です。
前々からやってみたかったミツカドネギ(アリウム・トリクエトルム。下の写真参照)を喰らう記事をあげます。
じつはコレの前にヤブカラシの粘性を利用したお好み焼きにキャベツとともにつっこんで食べたりしました。
風味的にはとてもニンニクですが、ニンニクよりやさしい風味で食べやすい。

2019-04-15 neginegi
遠慮は無用、とはいえ増えすぎて二日前に母がひっこぬいていた物を食材として使いました。
雨に打たれたおかげかふつうに花が綺麗に咲いていてフレッシュでした。
(写真はあとでべつの個体を撮ったものです)

2019-04-15 gyo-za1
ヒゲ根以外の全草を使います。
ノビル(野蒜)とちがって花が咲いても柔らかいままなのできざみやすいです。キャベツよりやわらかい。レタスを重ねたくらいのやわらかさ。
きざむと匂いはネギというよりやはりニラです。

2019-04-15 gyo-za2
緑が足りないなーと思い、家で取れたキャベツ(めっちゃかたい!)をちらりと見ましたがあまりにふつうすぎるので、たまたま家にあったクサソテツの若芽(コゴミ)をきざんで入れることにする。
クサソテツは風味は淡白なわりにコリコリした食感で旨いんですよね。
今年初めて食べたけど。
味つけは灰汁酒(あくもちざけ・鹿児島の地酒。仕上げに灰をつかって作る)とオイスターソースと醤油と胡椒。つなぎに片栗粉。
食材の比率的には「ミツカドネギ5: クサソテツ2.5 豚挽き肉2.5」ってところでしょうか。 あ、ショウガも入れました!
ふつうにいい餃子の香りがします。

2019-04-15 soto
包んでからちょっとでかけました。 ヽ( ´_`)丿

2019-04-15 gyo-za3
完成。
もちもちとした食感でジューシーです。
むしろほぼ肉の食感みたいかな? ミツカドネギが柔らかいので食感が消失するのは予想できたのですが、クサソテツすら肉と同化していなくなりました。ミツカドネギは毎年おそろしくわんさと増えますので、邪魔な場所に生えたらニラやネギのかわりに使ってもいいな、と思いました。西洋では野草あつかいみたいですし。

美味しかったー。 (´ω`人)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント