素振りんぐ。

おはようございます宮本一二三です!
大物の絵に着手する前に、かるーい感じでサクサク下絵を描けるように絵の素振りをしています。
描いてないと勘所が鈍ってイカンな。
簡単な構図すら頭に浮かばなくなってくる。
そのぶんヨタ話のシステム関係を詰めていっていましたが。

2019-02-14 suburi02
ただ綺麗な絵もいいよなー、と雑に描いた沈丁花っぽい女の子。
ちゃんと透明水彩で描くときは沈丁花もスケッチします。
これはただラクガキとして置いておきます。

2019-02-14 suburi032019-02-14 suburi01
鬼のひと(左の絵)は描きやすいです。
これも話の流れは決まっているので、シナリオとして文書のみでもまとめておくべきだろうな。
右の絵はとくに意味もなく描いたものです。



2019-02-14 suburi00
最近、アニメの「どろろ」をすごく中途半端に見始めまして、和物熱がヒートアップしてきています。
個人的な意見なんだけど百鬼丸は原作どおり白髪のほうが異形さが増すのでいいと思うなあ。絵は大好き。
私の絵って鼻のてっぺん付近でなぜか線が途切れる(↑ 参照)んですけど、これは手塚治虫先生の影響です。
だいぶ前、この癖のルーツが謎で手持ちの漫画やイラストレーターさんの絵を調べていたら、該当者が手塚先生だけでした。
真似しようとも思わず本人もよくわからんうちに自然な形ででてくるのが影響だと思います。

本人の資質と同調するので受け継いだ個性として表出するのです。
個性ってムリヤリ作るものじゃない。


白い部分の紙があると絵を描きたくなる病がでてきていますが、絵のほうを強化したい月間なので願ったり叶ったりです。
設定関係の文書と絵が混在するのでちょっと困りものですが。
なんだか思いついたり知ったことはすぐそのへんの紙に考えなしにかきこんじゃうんです、ダメですねー。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント