寝かしてしまっていた「ビルド」をようやく完全視聴したので、いいところを誉めまくろうと思う。

おはようございます、宮本一二三です。
「仮面ライダービルド」ののこり三話をようやく見たので感想をたれ流したいと思います。
今、絶賛風邪ひきクオリティーで私のわかりにくい文章がよけいにわかりにくいこともありましょうが、読んでくださるかたがあればしばらくおつきあいくださいませ。

今回の「ビルド」は、宇宙開発からでてきたパンドラボックスという文物(?)から始まったいざこざから始まる、主人公が天才物理学者を名乗っているだけあり、パラレルワールドもでてきたりするSFストーリーだったわけですが、私はそういう話大好物ですので、最後まで楽しく視聴しました。
脚本家のムトーさんの手がけた作品があればまた拝見したいところです。
好きな作風です!!

以下、個別によかったところをあげていきたいと思います!!
(悪い部分、スタッフさんはご自分で理解されそうですので《とくにムトーさん》思いきり端折る)


・ けっこう専門的でむつかしいと思われる部分も丁寧に書いていて理解しやすい。
  (SFはジャンル的に入りにくい部分もあるけど、説明が丁寧で「前回の話どうだったっけ?」
  「主人公の目的なんだったっけ?」がなかった)

・ 主人公がおかしな行動や台詞をとったら周辺の人物が適切にツッコんでくれる。
  (とくに龍我! 彼は本当に悪の親玉から分離した遺伝子をもった存在だったのにいいヤツ。
  最初から最後まで一貫して一番好きなキャラクターでした。ちゃんと戦兎と相棒感あったし)

・ でてくるアイテム(ボトル・パンドラボックス)にちゃんと意味がある。
  (最後のボトルの適材適所な使用ラッシュはすごく燃えました! 「これそう使うのかあ!」
   と合点がいく使われ方とか初期装備で難所をしのぐ展開とかは燃えます!!)
  (アイテムの特性でキャラクターの性格や性質を描写するのも巧みでしたね)
  (私はボトルを使いこなす経緯や変身エフェクトで龍我推しです。ひとりだけ自然物だし)

・ キャラクターが無駄死にしない(重要)。
   (かずみんの自分で三羽ガラスとのけりをつけると覚悟を決めた死に様とか、ヒゲの覚悟の
   ベルトパンチとか、龍我の大気圏脱出とか、味方を信じて自分は散るってカッコイイよなあ。
   敵がまったく容赦しないのもすごくよかった。コロス気満々じゃないと緊迫感でないもの)

・ (上にも関係しますが)敵のベルトの適切な誤作動。
  (地球外生命体エボルトは地球の人類を見下しまくっているわけですが、そんな存在が一番
  見くだしていそうな手駒扱いだったヒゲの逆襲パンチでベルトクラッシュって燃える!!)

・ 今回の「ビルド」で「敵対していた相手が味方に展開が好き」なのを思いだせた。
   (敵が悪質すぎる行動をしていない場合&事情が鑑みられる場合限定ですけど、利害の一致
   なんかで一時的に手を組むとか親玉についていけなくて離反とか私好きなんですよね!!)

・ ライダー物の伝統芸・装甲はがしキター!!(重要)
   (ヒゲの人がライダー姿のときに顔面装甲が割れて目が見えているのもなんですけど、
   かずみんの影はライダーなのに実体は人間、ラストバトルのエボルト戦兎のはがしあい合戦
   ぜんぶ燃えました。ありがとうございます!!

・ 外部やメイン女性キャラの適切なシーン挿入。
   (「仮面ライダーはひとりで闘うけど、孤独ではない」って視覚的にわかりやすかった。
   「俺たちが立ち上がらないと、世界が危ないんだ」感ってまわりの環境を描写してこそだよ)
   (単純に「ライダー頑張れー!」→ 奮起、の流れが好きなだけともいう)
   (子供がいたらもっとよかったけど、危ないから無理だったのかも)

・ 因縁のある者同士がちゃんと戦闘する(重要)。
   (「これは俺の問題だ、俺が決着をつける」とキャラが前向きだと安心して応援できます)
   (戦兎もライダーシステムを創った責をエボルトと闘い龍我の奪還で清算したわけです)

・ 最後はわかりやすくハッピーエンドだった。
   (マスターはちゃんと帰ってきたし、ライダーの因縁で死んだ善人は復活できたしよかった)
   (一回龍我とはお別れかと思っていたけど戦兎とふたり旅で何処行くんでしょうね?)
   (住まいや戸籍はどうするんだろう? などと真面目に考えてしまった)

・ 本筋じゃないけど干支的に兎&龍コンビなのがツボでした。

・ あと、戦兎の口癖の「最っ悪だ」が最終回だけ「最っ高だ」になっていてそこもツボでした。

――だいたいおおまかには語り終えたでしょうか?
語りの熱さに体温もちょっと上がった気がします。抜け落ちもおおいにあるでしょうが、これくらいでご容赦ください。
ではではー。


私のブログ記事にはなにかしら画像をつけるのを恒例としていますが、ちょっと今「ビルド」に適切な画像を用意するエネルギーが足りません。今のところはこのままでお願いします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント