冬の静寂(しじま)万華鏡

おはようございます、宮本一二三です。
空の乳白色をおびた雲の立ちこみぐあいで冬を感じます。
凛と引き締まった空気を圧縮した風がバシバシ頬をなでる感覚もいいものです。
一見枯れてなにもないような地表の下では植物たちが春に向けて準備中だと思うとほのぼのとしますよ。
冬はいいものだ……。 

181211_100931_ed.jpg
181214_151728_ed.jpg
181215_170345_ed.jpg
冬は夜が長いので、己を見つめなおしたり読書をしたり手仕事をするに最適ですよね。
私はとりあえず年末の大掃除を早めにやっつけます!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント