魔性の猫、略して魔猫。

こんばんは、宮本一二三です。
すっかりマウスでお絵かきするような人になってますが、本来は純粋な透明水彩使い(ただし透明感がたまに行方不明になったりする!)なので、アナログも水面下でやってます。
描いてないとおかしいくらい日常化させたい、そして描くスピードを上げるのだ!!

◇ ヒゲ!! ◇ 
下の絵は構図は自分で考えて起こしたものですが、問題がありましたら消去します。
2018-09-22 anago-san
「猫侍」7話まで見たんだけど、だんだん斑目久太郎がにゃーにゃーかしましい愛人(愛猫)の面倒を見るうちに人間として柔らかく寛容になってくる話に見えてきました。 (//>ω<)

当時の江戸って需要があるのかもよくわからん職業の人たちが跳梁跋扈するような人口過密都市だったんですけど、この作品って表面はふざけている(7話には猫カフェとメイドでた!)ようでそういうカオスな雰囲気でていてすごく好きだわ。
なんでコレを最初の放映当時スルーしていたのか自分でも謎です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント