ひょうげた万華鏡

こんばんは、宮本一二三です。
今朝方の万華鏡が戦国武将を想起させるモノだったので対にしようと真面目に考えたわけではありませんが、夜の万華鏡画像は「ひょうげもの」から古田重然(織部)を連想した、なんだか織部焼っぽいイメージの色の画像集です。
あの漫画は集めてみたかったんだけど結局アニメしか見てなくて去年完結したことをさきほど調べて知りました。
南国のフルーツをヨーグルト的なもので和えパイナップルに盛りつけたのを供したところ、結果的にエライ人(忘却)を激怒させた部分がやたらと印象に残っています。あと茶釜爆発と千利休まっぷたつ。凄い作品だったですね、アレ。

180904_174027_ed.jpg
180905_164103_ed.jpg
180909_152836_ed.jpg
模様はまったく織部じゃなくてスミマセン。
織部焼は画像検索したら素晴らしくいい緑とクリーム色&茶系の焼き物で、うっかり一点ほしいなあーみたいなことを考えてしまいました。いい藍染の器もそのうち欲しいかなあ。
ものすごく気にいった土物を一点か二点か買う、そんな研ぎ澄まされた買い方をしてみたいものです。

この万華鏡画像は最初はお遊び的なノリで始めたんですけど、結果的に週に数回確実に数点画像を選びだすことで美意識を鍛えている一助になっていそうな気がしてきました。
日常にはキレイな物がいくらでも転がっています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント