あまり描かないようなキャラは装飾が増える法則

こんばんは宮本一二三です。
ご友人にお送りしたメールで気づいたんですけど、「九似」という種族のキャラの枠がのこり一つで埋まる感じになっていました。
男性キャラと親交を持つのはおなじ男性キャラのほうが自然に感じるので、男ばっかりを設定およびデザインしてきましたが、最後にどうしても設定するんだったら女性キャラにするべきかなあ? 豚か猪なんだけど。いや可愛いけどさ。

◇ ウサ娘 ◇ 兎キャラってたいがい女子だよね。
「天星神話」の本編にでるか不明な兎娘さん(九似)。髪のたれている部分はウサ耳イメージでふたつに分かれてます。
彼女は薬を商う店に勤務している看板娘です。
表情とポーズからお察しできるようにきゃるん♡ という感じの性格で、イケメンを見るとしなを作ったりしますが、いざ希少な生薬を見たり、いい顧客とみなすと相手かまわず途端にマシンガン的なセールストークが始まります。イケメンもたじたじです。
月ではウサギが仙薬を作っているみたいな話から発想したんですけどスタンダードすぎたかなコレ。 (ノ´▽`*)b☆
黒い瞳と明るい色の衣装のバランスが巧くとれたような気がしません!!
影色で隠しというか深みをだすために入れた色がいい感じにステルスされてます。
ふふー♪


↓ このあとかなり塗りこみました。 (*・`ω´・)ゞ
2018-09-08 usausausausa
とちゅうで「色選び失敗したか?」と危ぶみましたがなんとかまとまりそうです。
アナログ水彩はほぼ手違い起こすと詰むのでハラハラしますがそのスリルが好きだったり。
今夜にはアップしてると思います。が、その他の話もしたいですな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント