キャラクターデザインは必要な情報から線と色を使ってかたちを抽出する作業

こんにちは、最近後進の人の検索妨害にならないようにカコウギョウ(加工業)とかセイセイエン(精製塩)とかの当て字に改名しようかと考えている宮本一二三です。もしくはサンダー宮本とか芸人かリングネームっぽいヤツに。どうか?
未来が薄暗いようなミヤモトより若者のほうが大事なんだよ!
若者はこれからゴリゴリ成長するからさあ!! (「・ω・)「ガオー

まあ、冗談なのか本気なのかわからん話はさておき。
最近、あきまんさんのことが無性に気になり、氏の発言を調べています。面白くて個性のあるデザインをされる方はやはり発言も面白いですね。

カプ⊃ン時代に「ストII」のキャラクターデザインの話が興味深かったんですけど、「キャラマン(キャラクターの原型を創りだす人)より清書するイラストレーターが持てはやされる風潮はおかしい」みたいなことをおっしゃっていて首がもげそうなくらいに首肯しました。
そうそう! そうなんですよ!! 薄ボンヤリした設定から出発してキャラクターの背景事情や性格や特徴を詳細に考えて、他者から一目で理解される的確なかたちに抽出するのがどんなに大変か!! (ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
イラストレーターさんつかって一から外注にすると絵自体の制作費以外にデザイン料かかっちゃうからなあ(遠い目)。ゲームって制作費かかるので削れるところは自社内でやりますよね、そりゃあ。
一回デザインしたもののほうが描くのはラクなのは経験則からいってひじょうにわかります。絵描きってキャラクターにふさわしい比率やラインを手と目と脳に叩きこんでいるのでキャラを違和感なく見えるようにぶれずにそれらしく描けるんですけど、一回自分の中のデザインとして落としこんだキャラは時間をおいてもそれらしく描けるんですよ、画風さえ変わらなきゃ。
巧い人だと省略しまくっても引いたラインだけでその人ってわかったりしますよね。
ああいうの異次元の巧さだと理解はしているけどヒジョーに憧れる。
色使いや明度もわりと個人差というか優劣というか個性のでるところで、なおかつ自分に添った形でないと鍛えにくい部分だと思います。
なんか前にも書いた気がするけど描いた絵をモノクロ変換すると明暗を適切に拾えているか、色あわせに強い人間かわかります。
見た絵の明度とモノクロ変換の暗さがイコールな人は明暗に強いです。塗った色の境界線があいまいな人は彩度というか色あわせの妙で絵を描くタイプな傾向があります。
男性は前者が強い人多くて(厚塗り系で主線を描かないタイプ)、後者は女性に強い人多い(彩度高めで明度ボンヤリの少女漫画の絵に多いタイプ)かな。
モノクロ原稿だと明暗巧く使える人もカラーだとあまり影を効果的に使えない要因は見た目の彩度にぶんまわされるからだと思います。もともと漫画絵の模写だけで固定観念で影を見ている人に多いかも。
色使いに関しては、けっこう自分が好きな系統と真逆なのがその人の塗りやすい系統の色あいだったりします。私はモノトーンのいっそ色なんてなくない?  みたいな渋い絵が大好きなんですけど、明度の高い低学年向けアニメみたいな色あいがチョー得意です。得意色はブルーベースとイエローベースにまたがっているのでわりとなんでも使えるのは多彩なキャラクターパターンを描きたい人間にとっては大変にありがたいです。
デザインもですが色彩パターンもいろいろ使えたほうがつぶしがきくからね。

報酬もないのにアホみたいな量のキャラクターをデザインしてますが、ちょっとずつ創りたい物の形が見えてくるのが楽しいのでやってます。昔と比べてもたいして上達してないんですけどあれは描いてない時期もあるのもあるけどワザとです。かたちのみの上達はある意味「枠を作っちゃって固定される=マンネリ&記号化」ことなので、適度に漫画絵で描きたい私はそれを避けたくて型は作んないでいます。誇り高く漫画絵な有機的なキャラクターデザインを目指している。

記号的なデザインと有機的なデザインについても語れるけど日付超えてしまったので寝ます。
(つω-`。)

◇ 意味もなくラクガキを追加 ◇  うっかり描いちゃいけない物も描きそうで中途でやめました。
2018-09-02 rakuga

よくよく考えたらキャラクターデザインなどのビジュアル面もですが、設定やキャラの内面やスペック描写、ストーリーもぼんやりしたところから無駄を削りまくって大事な部分を抜き出すのが重要ですね。
ムダやモラトリアム期って軽視されがちだけど、そういう他者から見るとムダにしか思えないことが意外とモノつくりには大事なので、ムダを恐れたらぎゃくに薄っぺらくなる気がする。休みや遊びも大事だと思います。



◇ 9月1日のミヤモト ◇ 
2018-09-01 owabi
オーバーフローせし思考の内容物がたんなる「言葉の暴力」化しそうでしたので、強制的にシャットダウンかけました、酒で。
サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)という缶とほか一本(強くない美味しいの)を空けたんですけど高純度ウォッカ強い。
これ作業時前には呑んだらアカンヤツですね。
なんでも効きすぎる体質なので切に自重します。

本日は、以前からやりたかった「大量のセンニンキャラ」の変遷(どこを生かして、どれを没にしたか)あたりの記事もまとめようと思います。その前に月初めの抱負記事と昨日かきたかった記事やります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント