どこを生かすか切りとるか?

こんばんは、宮本一二三です。

先日というか先月の話、なんですが。
うっかりと「龍天界起」のラスボス戦への突入の導入部、みたいな夢を見てしまって、「いっそここで切って、『龍天界起』方面の出来事はダイジェスト的にちぢめて、『天星神話』をメインに据える手法もあるな」と思いましたが、あの世界における宇宙開闢あたりの設定的な話を描くには「龍龍」で描くほうがスマートなので、やっぱりこのままです。

ちょくちょく悪魔の囁きみたいな、正道からはずれるような思いつきをしちゃうんですけど、ちゃんと道筋を立てたモノではない思いつきってたいがいハズレだし、もともと描くはずだった話の筋やキャラクターをないがしろにするとたいがい碌なことにはならないのは、名作が迷作になってしまった作品のたどった轍をみれば明らかなので、考えるべきところは考えてきちんと組み立てます。

得意だったり好きな系統のキャラクターをメインに据えたい気持ちはわからんでもないですけど、メインに描くべきキャラをないがしろにしたら物語自体が破綻するし、時系列やキャラも崩壊するしでいいことないよなー。だいたいそれじゃいつまでたっても作風と世界観狭いままですし。考えなきゃいけなかったり作らなきゃいけないところとはちゃんと戦いたい。とくに私がヨタ話でやろうとしていることって、時系列錯綜しまくった話なので、受け手というか世界に親切でなくては伝わらない。
大袈裟な言いかたですけどね。

◇ 意味なし貞華 ◇  あ、襟や袖の刺繍忘れた!!
2018-08-13 teika
話の筋と見た目とスペックと設定とがちゃんと綺麗に組まれているようなキャラクターデザインをしたいです。
ぶっちゃけ彼ら(キャラクター)自身が姿や境遇やらを自分で選んでいるような部分が強いです。
ミヤモトはただそれにあわせて描くだけ。 (ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント