雑多キャラ絵。

こんばんは、宮本一二三です。
遅々として進捗がアレですが、前ブログに下絵を置いていたものが塗り終わりました。
他人様の目から見ればあまり面白くない構図の絵なんですけど、アルバムにならんだ絵をつらつらと見ているとキャラクター把握に便利です。

◇ でっちあげ民族衣装ズ ◇ ※ いちおうは作れるか考えたり調べたりします。「天星神話」の金髪娘・隠。ジイチャンと一緒に北の大森林あたりに住んでいたころの姿です。5、6歳くらいを想定してます。
「天星神話」の隠の実家ウェア。
このキャラはもっと隠密っぽい感じにデザインで描いていたんですけど、造形的にも性格的にもあまりにありがちすぎだったので今の「みんなの妹」みたいなビジュアルに変えて良かったです。
このキャラが在籍している部族の衣装は偉いひとほど刺繍が多く、子供は白っぽい服の傾向があります。

今まででっちあげてきた民族衣装とはちょっとちがうテイストで描きました。帽子はフェルトに粗めの羊毛刺繍かなと。
このキャラはまだナナシノゴンベエです。
立位置としては有名作でたとえるのは恐れ多いのですけど、アニメの「風〇谷〇ナウ〇カ」におけるぺジ×の明日ベルみたいなポジションです。「天星神話」内では中盤後半あたりにトーラエというキャラとギクシャクしながら行動します。
黒髪をしつこく描きこもうとしたけどアルビレオだと思ったように絵の具がのらなかったです。
さらっとした塗り向きなんでしょうね。

◇ 馬人コンビ ◇  ヒゲ!!
「西原」話の中で竹林の里にて拾われたころの文誠。ただヒゲを描きたかっただけだったり。めずらしく色鉛筆を補助で使用。
アンニュイ文誠。
水彩じゃ物足りなくパステルで加筆するつもりでしたが、ミヤモトの部屋のバミューダ海域的な場所(押入れ)でパステルが行方不明になったので、しょうがなく色鉛筆で仕上げました。
押入れ、整頓しないとなあ。 (´・_・`)

文誠の愛馬・北辰号。名前が二転三転して大変なキャラでした。栗毛でおでこの星がチャームポイントです。
北辰号。
うっかり水彩で描いちゃったので、九似のみなさまの本来の姿(獣)も描かなきゃいけないような気がしてきました。
犬とか猿とか虎とか蛇とかですね。あ、馬はもう一頭ひとりいましたな。



◇ 7月11日のミヤモト ◇ 
「ヨタ話」のネタは固まっていってますが、反動でものすごく寝てます。
よくわからない部分からスキマというかストーリーや設定の粗が埋まっていくのはなんなんだ。
イラストはすごくチマチマと塗ってます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント