ジョジョリオンは何処へ向かうのか?

おはようございます、宮本一二三です。
ジョジョリオンの17巻を弟から借りっぱなしでした。
身内といえ甘えすぎでダメですね。

さて、「カイルXY」というアメリカドラマのオマージュもといインスピレーションを受けて、使いたいキャラを配置したのち、展開を思いつくまま描かれはじめたような「ジョジョリオン」ですが、ここにきてようやく敵さんの目的がハッキリしてきて安心してきました。
荒木先生はわりとよその影響を隠さないかただし(洋楽関係のネーミングまんまとか、「等価交換」や「相田みつを」とか)、面白い設定や言葉があったら自分も使いたい気持ちはよくわかるので、上記の文章は先生を貶めたくて書いた訳では毛頭ございません。
荒木先生今回のジョジョでは行き当たりばったり臭かなりするんですけど(前作「SBR」でも大統領妻がいきなり「女の子が好き」という展開になってポカーンとなりましたけども)、荒木先生の場合はやはりあるていど最初からキャラクターの目的が明確にされていたほうがご本人も描きやすいし読者も受けいれやすいのではないかなー? と僭越ながら思いました。

主人公の定助も、「自分の正体はなにかを知りたい」という初期の目的はあったものの、何巻かまえに記憶を取りもどして本当の正体となんで今の風体になったのか判明してしまったので、とりあえず最初の目的は達成しているわけです。
それから次の、「大恩がある、重病を患っているホリーさんを病気を治すためロカカカの実を探す」という目的に移り変わったわけなんですけど、ちょくちょく攻撃してきた岩人間たちの真の目的がよくわからなかったために、ちょっとなんで定助は彼らから妨害を受けているのだろうか? というのがわかりにくかったのです。
今回の巻で真のロカカカの実を利用し敵の岩人間達を繁栄させ、ひきかえに人間の社会を衰退させるため、というのが判明しました。
敵のアーバン・ゲリラさん親切!! 負ける気がなかったのでベラベラ喋ったのかもしれませんが。


今までちょっとわかりにくかったのは東方家の内情(誰が敵か味方か混沌としている)で長く尺をとられたのもありますね。
全員愉快なキャラクター立てされているのでなんとも痛し痒しです。
とりあえず、長男の常敏は敵らしいけども、こちらに一度好意を向けた相手でも状況しだいではひっくり返りそうなので(=元ネタのトランプ的にも)不安定さと不穏さは感じます。
一個のスタンドなら御しやすかろうと思いますが、複数を組みあわされたらきつかろうなあ。

次回の巻で舞台は東方邸へと戻るわけですが、敵のほうは外部のキャラクター中心になって来ましたので、世界観が狭まることはなさそうですね。康穂ちゃんの過去も明かされるっぽいので楽しみです。次回予告のアクセサリーの文字は中国の吉祥紋ですね、よく建物に使われている。なにか中国に関係あるのかしらん?


◇ 康穂ちゃん ◇ 
2018-03-29 yasuho-chan
手間のかかる髪形に薔薇をまぶしたフリフリフェミニンな服なのに裸足スニーカーという相反する要素は大変いいものですけど、唯一の肉親である母親の男関係の素行の悪さからスニーカーを履いている理由を考えると複雑な心境におそわれます。
豆銑礼の服にエンドウマメの蔓や実があしらってあるところといい、キャラクターをあらわす部分がハイセンスだなあ。

冒頭ででた「カイルXY」(主人公は正体不明でヘソが無い。バスタブの中で寝る)、NHKで放映されていた部分はすごく面白かったのに、そこで見た最後はライバルと滝つぼボチャンエンドでした。特撮なら生きてるよなーアレ。
ちょっと調べたら、視聴率がふるわず打ち切りだったみたいです。日常生活部分と超常現象部分が噛みあわなかったとかなんとか。
新しい世界観の話を作るのって大変ですし最初の勢いのまま続けるのはもっと大変なんだなあ。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント