お詫びとともに昔のヒゲをさらす。

おはようございます、宮本一二三です。
今現在のヒゲ描きなおし&追加が間にあわないので昔のヒゲキャラを引っぱりだしてきました。
毎回拍手を押してくださる友人には申し訳ない内容です(たしかコピーを差しあげたはず)。

◇ SEN-NIN ◇  たしかこのへんは見せてないヒゲ
2018-03-16 hige-m01
2018-03-16 hige-m32018-03-16 hige-m04
ここに載せているのはヒゲばかりですが、細身ビジュアル系や巨漢や老婦人も描いてました。
総勢30名ほど手元に描いてある。

2018-03-16 hige-m00
オマケ。
ノリが成長してない変わっていない。
コレ描いていたのって11年前(!)なことに多少の後ろめたさを覚えました。
みっちり内容を詰めていったのが近年(2016年~)なので致し方ない部分もありますが。
ちゃんとギッシリゼロから世界観を創るのって時間がかかるんですよ。グダグダ悩んでいたり調べ物をしたり考えこんでいたりしたことがここ二、三年で方向性が定まり、ようやく結実しはじめたのです。
2011年の震災で受けた精神的なダメージもありました。
本当の人死って辛いですよね。



◇ 3月15日のミヤモト ◇ 
文書を打つとき気分に大変ムラがあるんですけど、乗っていると楽しいですね♪
キャラクターは話の中で命を落としても、作品として残せばそこでその時を生きられるし、私が生きて記憶していればキャラも生きていられるので憶えていて生かせるうちにちゃんと表出させてあげたいです。

2018-03-14 hontouha-kowai-miyamoto
「西原」話は、わりとエゲツナイ描写多いかもしれない。
工口はなるたけ控えますけど。
色々乗り越えてきたので、強い気力でもってかいていきたいと思います。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント