シュシュトリアン・ひさびさにギリ視聴。

こんばんは、宮本一二三です。
東映特撮YOUTUBEで毎週月曜21時に更新される、「有言実行三姉妹シュシュトリアン」をひさしぶりに見ました。
15話は「普通戦隊サラリーマン」というスーツにハチマキ、なぜか木刀といういでたちの三人組の男が、彼らが普通じゃないとみなしたものに危害を加えるべく追いかけまくるという話で、「いや、フツーのサラリーマンは木刀を持ちあるかないよ!」とツッコミたくなりました。

そして問題作の16話。
シュシュトリアンが全国の健全な少年少女の「鯉幟になったシュシュトリアンが見たい」という願いをかなえるために出向くんですが、どっこい健全な少年少女の願いというのは嘘で、実際はすけべ心のある中年男性の集まりだったというスゴイ話でした。
最近、見事なセクハラ言動に遭ったので、めちゃくちゃタイムリーでしたね。(´∀`σ)σ
ミヤモトは不思議な挙動の人に好かれやすいらしく、傍から見たら性的にやばそうな目に遭っても、ギリギリで回避するし幼少期に厭な目にあったおかげであるていどそういうセクハラに耐性あるんだよなー。困ったことに。
小学校の頃には複数の同級生男子に追いかけられたり(イジメだったのかもしれないがあの時はべつの身の危険をおぼえた)、中学校の時には中年男性に連れ去られそうになったり(親切な人がいてかろうじて助かった)、19歳のときには「お人形さんみたいだねー」みたいに言われながら手を撫でられまくったこともあります(あの人はアルコールに魅入られし人だったようだ。家に誘われたけど断りました。工口本の法律知識で家に行くのはヤバイと知っていたので)。
なんかほかにもあった気がするけど忘れました。
今は幸いそういう人がまったく寄ってこなくなって快適です。

(アリオンの中の人曰く「よく貞操無事だったね」とのこと。あまりにもヤバイのは本気で嫌がって回避したからね!!)

感想を書くつもりがアレな人に絡まれた話でスミマセン!!
あー普通に生きられるって素晴らしい。(」*´∇`)」


「シュシュトリアン」は2、3週くらい見ていなかったんですけど、だいたいのフォーマットが水戸黄門的に確立しているので、とちゅうを見ていなくてもついていけるのが素晴らしいです。
毎回、故事や諺なんかを言ってから敵を華麗にしばきたおすのが痛快です。
三姉妹の変身後はカブいた和風衣装(ミニスカに薄手のタイツ、という大人びた衣装をあえて化粧した少女に着せているのがマニアだな、といった感じ)を着ていてカッコイイ。
シュシュトリアンに指令を取り次ぐフライドチキン男(スゴイネーミングセンス)がショッキングピンクのスーツの一張羅で、真面目なのかふざけているのかわからないところもとてもいいです。


◇ 今の時期は寒くないのかな? ◇ 
2018-02-19 husiginakyodoubito
あらたなファッションリーダー的なポーズになったのは否めません。

あ、そういえばまた一個、不思議な挙動をする人話を思いだしました。
昔々、ある場所でおネエっぽい感じの人に日をまたいで数回異様なまでに絡まれて、一時期おネエっぽい人が苦手になってしょうがない状態でした。いい人だったかも知れなかったが恐かった。
今は克服しましたが、普通の素敵なおネエっぽい人に申し訳なく思いますね。(´・_・`)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント