ゆるゆると書く、アニメ「ハクメイとミコチ」感想(一話・二話)。

おはようございます、宮本一二三です!
私は「乙〇語り」の早読み目的で「ハル夕」という漫画雑誌が「フェ□ーズ」って名前の時に買っていた時期があるんですが、その時に御飯の美味しそうなのと世界観の作りこみで興味がわいて新刊がでたときに買ったのが「ハクメイとミコチ」です。

主人公二人の姿が「東〇project」の有名キャラに似ているということでしたが、ガワこそ影響の片鱗を感じますけど世界観はおそらくぜんぜんちがうし、キャラクターの中身もちがうし、媒体もちがうし、作者の訴えたいこともちがうのでそこはスルーしました。
(だいぶ前ーの記事に書いたんですけど、「容姿がかぶっても『キャラの性格』『世界観』『立ち位置』がちがったらセーフ」という考えかた。樫木先生は一切そういうニオイしないんですけど、色々あくどく既存品にビジュアルかぶせてくるのはダメかな、と思いますね。その考えはまたべつ記事で語ります
というか私、ちょうどオタク情報から長期間はなれていてその時同人界隈で流行っていたのが「東〇」なんですってね。
たぶん下の弟なら詳しいんですけど、音楽が有名なゲームってくらいしか知らない。なので嫌悪感なかったです。

いや、上にちょっと下げるような情報を書きましたが、「ハクメイとミコチ」は面白いです。
ちょっと感覚的に走りすぎて、言語情報伝達が苦手そうでちとわかりにくい回(蜂蜜館の新旧メンバーの抗争)もありましたが、小人さんの生活を丁寧に描いていて素晴らしい!! 買った切欠でも書いたけど、御飯の描写が本当に美味しそう。
――スミマセン、アニメの感想を書くつもりが思いきり原作の話になってた!! Σ(´Д`*)

私、アニメの公式あんまり見に行かない不届き者なんですけど、「ハクミコ」のはけっこう意味もなくちょくちょく覗きに行きます。
時間帯によってアニメ公式のTOP画像が変わるんですよ! 家が壊れる回と後じゃ家じたいもちゃんとビジュアル変えてたはず(これはアニメEDも)。
最近のやる気あるアニメの公式すごいですね。作り手側の原作愛を感じます。

アニメ本編は、だいぶ原作とは構成を変えてきてます。
といっても、受け手に内容がキャッチしやすいような話の前後入れ替えですね。
台詞で「えっ!? ここ飛ばしちゃうの?」って思ういい部分を端折ったりもしているんですけど、アレは原作を読んだ時により旨みを感じてほしいからというスタッフ側の心遣いなんだと思います。
本当にいいアニメスタッフの方がたに恵まれてよかったなーと自分のことのようにうれしい。
原作はちょっと描き手が男性かつ、男所帯なので女性キャラクターにもオッサンぽさを感じてしまうんですけど、アニメはキャラクターデザインもストーリー構成の方も女性なおかげか乙女成分あがってます!!
ハクメイは原作より男前な気がする。ミコチをエライ気づかってる!!
いや細かい気遣いするのは女性特有なのか!? まあ性別まちがわれるのも止むなしと言ったところか。

一話あたりはまだハクメイとミコチは仲良くないというかギクシャクしていて、二話で完全に仲良くなるあたりがキャラ描写にリアルさを感じました。登場人物のだし方もすごく考えられているなあ。二話で一気にセンとコンジュをだしてきて、「小骨」マスターの付喪神の話と二人の歌姫の付喪神話をまとめたのは「お見事!!」と思いました。あと、市場の回のあそこでミコチに歌を歌わせたのもいい。
ミコチが歌うことで、そのあとのコンジュとの歌姫話への前フリになってる。巧いなあ。

ああいうやり方は、物語を外から見た人じゃないと思いつかないまとめ方なんですよね。
漫画家だと神が降ってくるというか話の創り方が感覚的なので、キャラクターの描写や世界観の表出を優先するので、ああいう理詰めの構成にならないんですよ。
感覚に頼らず理詰めの構成が出来る人もいるっちゃいるけど、そういう人は最初からオチをキッチリ作りこむタイプだ。

2018-02-20 hakumiko00
二話で感動したのは、原作漫画だと模様の一切ないセンのかけ布団が、アニメだと黒地に大きめの白線チェックの骨っぽい模様になっていたことですね。
ああいう細かい部分を凝るのが女子力なんですよ! おなじく男所帯に育ちしミヤモトが表面上可愛い女子を真似ても真似しきれない部分です。ホントに女の子が選ぶラッピングは凝っていて可愛いの。なんというか物語やテーマ性がある。堅牢性や実用性を重要視しちゃうからな男性は。
樫木祐人先生は編集さんが女性で妹さんがカラーを塗ってらっしゃるのでだいぶ女子力増量されているけど、たぶん、あの部分がなかったらもっと内容がオッサン臭かったはず。
でもって、最新刊(6巻)のジャダさんは最高でした! あれは見事な少女漫画だ!
可愛かった。もっとああいうのください。(」*´∇`)」

あ、話の構成や台詞の使い方にかまけていてぜんぜんアニメの絵柄について語ってなかった。
アニメはさすがに使える描線をシンプルに整えなければいけないし、漫画の緻密さをぜんぶ持ちこむのは大変なので、わりとアッサリ目です。手数を減らすためにコマワリしたような絵を挿入したりと工夫されている。
ですが、自然描写は「草薙」という制作さんが頑張っていらっしゃるみたいですごくいい雰囲気。OP映像すごく好き!
原作の妹さんのカラーセンスもそのままに、色彩感覚も鮮やかかつ原作の世界観を再現されてます。
声優さんも新人さんが多いみたいですが、締めるべきところはベテランさんが入ってらして演技の厚みが増していて大変よいですね。
原作が至上ですが、アニメの終わることを考えると寂しいです。



◇ 2月17日のミヤモト ◇ レモン色!!
そのうちまとめて怒涛のように書きますけど、昨日の「ハクミコ」はギリギリアウトで視聴できました!!
(「卵の美容師」は読書に集中しすぎていて見られなくて、ジャダさんは飄々としていて大好きなキャラなのでガッカリしていたら、エンディングはさんで「リモンチェッロ」話があったよー! やった。うれしい)
ジャダさん、声が思っていたのとちゃうけど、不思議ちゃんぽくてコレはコレでよし!! (ノ´▽`*)b☆
かるくリモンチェッロ飲テロ回でしたし、自室に売りもんにするほどあったけど、深夜なので自粛しました。
「ハクミコ」のおかげで家になるレモンを無駄にしなくてすんだので、アレは本当にいい漫画だ。
食べ物美味しそうな漫画好きー!
あ、「乙嫁」10巻買わなきゃ。あれも御飯美味しそうでいい漫画。



なにやら私の記事更新がいい加減で時空に捩じれが生じてしまってスミマセンでした!!
|ω・`)


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント