勝手に御礼。

おはようございます、思考を駆使したダイエット成功? 宮本一二三です。
脳が一番体内でエネルギー喰うって本当ですね。
酒もちょいちょい呑んでいるのに顔の輪郭や腹回りがスッキリしてきましたよ。

◇ 「響鬼」さんと若人のおかげ ◇ 
2018-02-17 ouen
15日に解決した案件ですが、アレは私が「ヨタ話」創作を創れる環境を保てるかどうかの瀬戸際でした。
相手の意のままにしてしまったら、絶対ありとあらゆるもの(最低限自分に必要な余裕や時間や能力)を犠牲にしないといけない要求をされることが目に見えていました。
せっかく、「ヨタ話」作成のため頑張ろう! と遅まきながら自信を捻りだして前向きになってきたところに冷や水ぶっかけられた感じでした。ほかの部分はわりと犠牲にできますけど、「ヨタ話」関連だけは掌中の珠のごとく大事にしているのでダメです。

今回はたくさんのかたに有形無形で助けていただきましたが、「仮面ライダー響鬼」(若者が成長する話)を見ていたこと、および、コッソリインターネットで内心応援していた若い絵描きさんがいらしてですね、自分がまた挫折したからといって、純粋な視点から応援できなくなるロクデナシになるのは厭だな、と思い冷静になって踏ん張れました。
ありがとう。


私はプロに向かない性質なので(早いとこ「でぃす×こみ」三巻完結記事としてまとめます!)、ほそぼそとですが確実に「ヨタ話」完成を目指しますが、若い絵描きさんはぜったいこれからドンドン伸びるので頑張ってほしいです!! 
コッソリ応援し続けますが、相手は気持ち悪がらなければいいなあ。
|д゚)チラッ


◇ 2月16日のミヤモト ◇ 
朝、先週更新された公式YOUTUBEの「仮面ライダー響鬼」を見ました。
私のエンジンがかかるの遅くって、それぞれの回を1回しか見られなかったのは勿体なかった。
「響鬼」ってOP曲の使い方に凝っていて、それぞれの鬼さん(ライダー)が活躍する回の使用武器がメインテーマに追加されるんですよね。今回はエレキギター! 太鼓や吹奏楽もいいんですけどすごくカッコイイ!! 
私弦楽器好きなんですよね。ピアノは幼少期に挫折したし、ギターは指の長さがそもそも足りないので弾ける人は本当に尊敬します。パイプオルガンやエレクトーン(コレは電子楽器だけど)を使いこなしたりピアノやギターなどの弾き語りできる人なんて神です。
あ、でも一番好きなのはベースです。曲聴くとベース音追っちゃう。
楽器のことは置いておいて、男同士の師弟コンビ活躍回でした。ギターの使い方が斬新すぎ!!(斬鬼さんなだけに)
師弟で武器の構えかたが逆なのいいですね。「薩摩剣士隼人」のスタッフもですけど、ぜったいスタッフに武器オタクがいる。
私もすごく武器オタクってわけじゃないけど、傾向的にはわりとちかいものがあるので(この武器は使いやすいかな? とか持ち方変じゃないかな? とはよく考える)謎の親近感をおぼえます。銃や重火器など近代兵器はあまり興味ないんだけども。
今まで、青年と少女の師弟関係はずっと見てきたんですけど、青年同士の師弟っていい兄貴分と悩める弟分って感じで新鮮ですね。「響鬼」は主人公周りのキャラクターの描写も丁寧でわかりやすく、とても見ていて楽しいです。
あーこのキャラはこのキャラ好きなんだな、という描写が巧いけどくどくない。
若いキャラクター達の成長や葛藤も丁寧に描かれていて、それをつかずはなれず見ているオジサン(自称)の態度もいいんだよなあ。健全な子供番組というか人間ドラマですよねー!

毎回「魔化魍」の種類や姿も妖怪好きには気になるんですけど、姫と童子の奇抜でオシャレなファッションも楽しみです。
とにかく「和」っぽさと「近代デジタル技術」の融合がとても考えられていて今見ても古さを感じません。CGは現代が進化しちゃったので、それはもうしょうがないけど、鬼さんの変身後の姿の渋カッコよさといい(色使いもメタリックでダルトーン中心)、「世界観を作りこんで魅せる」センスはずばぬけているんじゃないでしょうか? 

日本人はなまじっか「和」を見慣れちゃっているから、革めてカッコイイ「和」の雰囲気をだすのって大変なんだよね。
手を抜くとニセモノになっちゃう。
なにやらまとまらない文章ですが、「仮面ライダー響鬼」大好きです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント