戦いの総括。

おはようございます、宮本一二三です。
家族を護りきった達成感と満足感、そして開放感がすごい!!
あと、うちの両親はあまりにも人を見る目がないので私みたいなのが子に生まれたんじゃないかな? と思いました。
まあ私が家を出ても下の弟が順調に育っているので心配はしていません。
今回の厄介話は一言でまとめると「庇を貸して母屋を盗られる」という言葉を思い起こす出来事だったからね!

相手もまさか一番御しやすそうないかにも世間ずれしていなさそうに見える若造が「羊の皮をかぶった狼どころか鵺か百鬼夜行」とは思うまいて。
ニコニコしながら冷静に理詰めで反論したのでさぞやビックリしたことでしょうね。
相手は最終的にはラーの鏡で正体を暴かれたモンスターみたいになってました。
あんなに醜い性根の人、すごくひさびさに見ました。最後に会ったときの発言なんてホントに文字起こししたくないほど酷かったし、お目汚しになるのでしません。(こちらの品位も下げますし、身バレ防止などの意味もあります)
私の胸にだけしまっておきますね。

そうそう、ああいう人に対峙した時のコツを少々書き残しておきます。
「相手がどんなに言っていることがオカシイ人でもあんたオカシイと面と向かって指摘してはいけない」
ああいう人は、自分でも理屈になっていないことや、自分の我儘や、不当なことを通そうとしているのを自分では理解しているので、指摘するとドツボを突かれたようになって逆上します。シロウトにはお薦めできない。

早め早めに「貴方の要求は通りません」「言いなりにはなりません」というのを相手に対して詳らかにすることです。
感情的になったら負けですよ。相手の言うことも一理あるよね、といちおう聞いたあと、でも私はこうですと冷静に淡々と話すこと。
「こいつから利益は得られないな」と相手に思わせられたらまず負けません。
善意を利用されて食い物にされる人が一人でも多く減りますように。

◇ 追記 ◇ 
他人をコントロールしたがる人たちの見分けかたとして顕著なのは、「とにかく結論を急かす」と言うのもあります。
本当にいい話として用件を持ってくる人の中で騙す気もなく、こちらを慮ってくれる方でしたら、こちらが納得ずくで結論をだすのを待っていてくれます。急かすにしても即決じゃなく期限つきで考えさせてくれるはず。
結論を異常なまでに急かす人は考える隙を与えないようにしているんだと疑ったほうがいいかと。



◇ 2月15日のミヤモト ◇ 
2018-02-15 gohoukoku
厄介だった案件がなんとか片づきました。
いちおうご報告までに。
とはいえ、しばらく兜の緒は緩めないでおきます。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント