23さん更新。

こんばんは宮本一二三です。
薩摩もようやく肌寒くなってきたので看板娘の23さんの絵をあたらしくしました。

◇ 全形 ◇ 
当ブログの看板娘23さん。寒くもない時期に寒い絵を描くのは大変です。透明水彩。
背景部分は最初にバッと色を置いて色調を統一させてから、水彩で直線的な筆のストロークを何回か重ねてます。
丁寧に重ねないと粗がでやすいのだけど、好きな手法です。
今回のキモノの柄は雪に半襟は冬の樹木です。
この絵では描いてはないんですけど、帯は黒地に金糸と銀糸で描いた松に帯止めは丹頂鶴でしょうか? 帯揚げは朱赤で。
黒の塗りの履物に朱赤の鼻緒なんかかわいいかもしれない。で、足袋はあえて地味な茶系にするといいかも。
朱赤をオレンジに変えると近代的かもなあ。
本人は一切キモノを着ませんがとりあわせを考えるのは楽しいです。

◇ 顔絵 ◇ 
CCF20171114_00 23san-kao
描き手の手のちいささのコンプレックスを反映してぎゃくにキャラの手は大きめになる傾向があります。
もっと絵として洗練した手にしたほうがいいんだろうけど、妙にリアルよりになってしまう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント