要らんところだけ昨今のゲーム会社の悪手をパクる「すごかちりょう」感想(下)。

おはようございます、宮本一二三です。
マサムネ消失後の長い後日談について淡々とツッコミを入れます。
ちょうどメモ紙の4.5枚を消化したところです。ファイオー!!
(」*´∇`)」

◇ ルール規定と遵守は大事だと思う ◇ 
売れている作品でコレをおろそかにしているのは稀少です(浦沢義雄脚本についてのまとめで書きたいネタですね!)。
ルール崩しがあったとしても概ねは守っていてワザと一部分だけ定石を崩している。
「エグ」みたいに作者の都合によってコロコロ変えたりは不親切。
2017-09-01 ex-aid
続きです。
永夢の語りとともに屋上シーンへ。今さらでてくる野村さん(芸名忘れた。あ、日向恭太郎でしたっけ)。
「本当によくやってくれた」と永夢を労ってましたが、この人自身はTVでの「国民総バグスターウイルス感染の確率についての情報開示」もヘッタクソだし、怪しすぎる出自のバグスターをCRに派遣するしでありがたみが薄すぎる。
「おかげで被害を最小限に食い止めることが出来た」ってこの人はナニを基準に最小限と判断したんでしょうか? 都心とはちがって仮面ライダーなんて存在しない地域(敷地面積にして日本の九割強!)ではライドプレイヤーは一方的にゲーム内でSATUGAIされているだろうし、前回ポッピーを犠牲にばらまかれたゲムデウスの抗体も万全だったのかもビミョーに思えます(全国に舞い散ったよ! みたいな描写じゃなかったし。このへん衛生省をCRのバックアップ組織にしてモニター画面のCGで表現する手法もあったように思えます。後出しですけども)。
「16年前ゲームの好きだった少年が立派になったな」ってわざとらしい永夢上げ描写がきました。げんなりします。
日向恭太郎から「ゲーム病」の言葉がでて舌打ちしたくなる(一回目)。
上司と部下なのにこの人たちって最後まで「永夢」「恭太郎先生」の名前呼びで馴染めない。節度や敬意がないように思えます。一対ドコの文化なのこれ? TV業界? そちらの狭い日常でふつうでも描く組織のフォーマットにあわせて欲しい。
ヒイロパパから「ゲーム病」の言葉がでて舌打ちしたくなる(二回目)。
なんと!! 諸悪の根源「ゲンムコーポレーション」は潰れておらず、しかも「ゲーム病」(チッ! 三回目)の新薬開発のためにCRと手を組むのだそうです。もはやなにがなんだか。
キリヤ。ビジネスの目上に「了解!」は使っちゃダメだ。
コレ近年わいわい言われてたし有名なのにな。
ニコってあの性格で友達いたんだじゃあなくて女子高生だったんだ。てっきり卒業後大学に行かずにプラプラしているもんかと。
ちょっと待て、未成年って合法的に株をあつかえるんでしたっけ?
いちおう調べてみました。印鑑登録が出来る15歳から本人主体で可能なようでした。15歳以下でも出来ることは出来るみたいですが、手続きはより煩瑣になります。なるほど、勉強になったなあ。
ニコはゲンムコーポレーション存続のために有り金ぜんぶツッコんだらしいんですけど、ニコってゲンコポ(長いので略)そんなに好きだったっけ? 「潰れて欲しくない好きなゲーム会社」って言ってましたけど、クロニクル攻略時は毎回感染させられて苦しそうだったのにアレをいい思い出に出来るメンタルはすごいと思う。
謎の記者会見勃発。永夢がどうしてもやりたかったのはコレらしい。衛生省代表の日向氏が記者会見ならわかるが、永夢が「担当医」として列席しているのが謎。まだ研修医のペーペーだし、CR代表として不適格では? ヒイロパパとヒイロも一緒ならまだ理解できましたが。
永夢による「ゲーム病(チッ! 四回目)で消滅した人たちは亡くなってはいない」という超理論がきた。さらに、「消滅したかたがたは『亡くなったように見えるゲーム病にかかった状態』であると僕達は考えています」ときたもんだ。
「悪魔の証明」(ないものをないと立証することは難しい)を逆手にとった酷い詭弁がきました。それ言ったもん勝ちで、技術のない人たちにガシャット内に消えた人たちがたしかに存在しており、なおかつ生命活動を行っているって確認しようがない。いや、悪魔の証明というより「シュレディンガーの猫」(じっさいに観測しないと猫の生死はわからないってアレ)のほうがちかいかな?
「そもそもバグスターという存在はデータの体を持ちながらも人間と変わらない心を」(ポッピーとパラドが「永夢」と呼びながらキラキラしているシーン挿入)「命をもつ存在でした」そうなの? 推測につぐ推測で存在を仮定しているようにしか思えないんだが。永夢の個人的な考えかたなのに「僕達」って言い方、ものすごくヒキョーだ。
「ゲーム病で消滅したかたがたもおなじです」
具体的な根拠もないクセに断定するなよ。バグスターが電子的な生き物と想定するのはまだ理解できるけどバグスターって遺伝子の掛けあわせで生殖するのか? 人間みたいに。コピーか単為生殖で復活可能な存在と、ふつうの進化や変異をへて、なおかつ死んだら死にっぱなしの生命体と一緒にするのは暴論極まりない。
おもむろに傍らの箱を開けてガシャット18本を見せる永夢。「彼らのデータはたしかにこの中に保存されてます」ってナニソレ。
外部出力もされずに安否確認も出来ないし、肉体的に触れあうどころか会話もできない状態でデータ化された被害者の身内は納得できないだろう、ふつう。
「ここには彼らの心がある」発言にいたってはさらなる永夢のサイコパスさを感じました。
あの中に心が存在するというのならば、五感的な感覚をすべてなくされていそうで発狂しかねないし、まず外にでたいだろうし、マトモな体にもどって生きたいと思うだろうし、家族や好きな人たちとの平穏な生活にもどりたいだろうのに、コレじゃ散々なさらし者だ。
「今でも命を宿しているんです」って畳み掛けるような永夢の言葉、前述したけど言葉の説明だけだとまったく説得力ない!!
記者の反論「しかし、データが命と言えるんですか?」まったくだ!!
「医療は日々進歩しています」出たよ論点ずらし。「命の定義」について聞かれているんだからまずそれについて語れよ。「10年前には治療できない病も今では治療法が見つかっている事例が数多く存在しています」って言葉には「見つかっていない症例もあるのですが、それについてはどうお考えですか? 治療法が見つからなかったら責任取れるんですか?」って私が記者なら容赦なくツッコむよ。それ以前にもはや人体消滅って「病」として定義づけるには不適格です。
永夢の口から「ゲーム病」と発せられて舌打ちしそうになる(五回目)。
長々と喋っていた永夢のキレイゴトで固めた台詞を要約すると「たとえ今が治らない状態でも将来治せるかもしれない」のだそうです。
治ると確定してないのに無責任だなー。一家の大黒柱が消失していたら誰が残された家族の生活をサポートしてくれるんでしょうか?(大黒柱じゃなくても自宅で介護する人とか消えたらマズイ人って色々いるよな)研究費や治療費は国が出すの? 元凶のゲンムコーポレーション潰して補填すべきじゃない?
「根治する可能性はゼロではありません」なんかヒキョーな言い方だなあ。「根治」って単語はじめて知ったんですけどかるがるしく使っちゃいけない意味みたいでお医者さんからクレーム来ないのかな? とうっすら思いました。
障子紙以下のペナペナのキレイゴトを永夢がのたまっていて「それが僕達ドクターです」で締めてたけどまったく心に響かないね。
いきなり被害者の名前を読みあげはじめる永夢。いったい何事か。
たぶん20名くらいしか名前を言ってなかったけど、ほぼ内訳が関係者身内。ぜったいこの100倍か1000倍は被害者いるでしょ。しかも関係者のうち、檀桜子(ポッピー宿主)は被害者として入っているのはわかるんですけど、そもそもの元凶の檀父子を被害者として認める永夢は頭がおかしい。こんな性格破綻者をやらされている俳優さんが気の毒すぎる。
なんとさんざん作中で冷遇されていた作さんがゲンムコーポレーションの社長に就任していて驚いた。
医療事務って高卒の人間がホイホイなれるんだろうか? というわけでまた調べました。難易度の低いものや高いもの、種類も多々あり複数の手段があるけど、数ヶ月間は勉強が必要みたい。なるほど勉強になった。
ヒイロ氏は「いつか取りもどすから小姫の笑顔を」って言ってらっしゃったんですけど、小姫さんとはすでに5年のブランクがあるんだよね。数年数十年後か帰ってきたとき「こんなオッサンイヤ!」ってなりやしないか心配です(言いがかり)。今回でご都合主義でも復活させておけばよかったのになあ。
ポッピーの金切り声って忘れたころに聞くとキッツイわ(言いがかり)。
クロト神がポッピーの音ゲーで遊んでいた。衛生省の拘束檻はどうしたんでしょうか?(説明なし)
なんとポッピーって粒子状態に分解されていた物をクロト神が体内でひそかに培養していたそうです。
ヨーグルトか!!! (「・ω・)「ガオー
さらになんということでしょう、パラドも無意識に永夢が体内に培養していたらしいです。
ヨーグルトか!!! (「・ω・)「ガオー
ちょっと思ったんですけど、あの状態のバグスターを人体で培養できるんだったら遺伝子工学的ななにかでデータ化した人間も培養できるんじゃないだろうか?

◇ 本編の感想はここで終わります ◇ 
もうちょっとだけ続くんじゃ。

はい、ここで今回の記事タイトルの回収です。エンディング流れてやれやれと思っていたらVシネの告知、しかも三本も作ることにポカーンってなりました。悪のゲーム会社がよく行う、本編で終わらせずに小金をせしめようとダウンロードコンテンツで決着をつけるアレです。夏映画のやり口自体でゲッソリなっていたのに夏バテを加速する行為は止めて欲しいものです。信者さんというか「エグ」をお好きな人しか買わないでしょうけど。
クロト神の悪行なんてこちとらスルーしませんよ。ああいう瑣末な表現でも視聴者を舐めている感じがよくでていましたね。

今回一番面白かったのは「仮面ライダービルド」の宣伝でした!!
ちょっと「アギト」と「オーズ」をあわせた風味でワクワク♪
話もキャラが立っていそうでよさそうなんですけど、デザインがカッコイイのはやっぱりいいなあ!! 

今回の感想は最終回ということでいつものアカン部分の集大成で倍疲れました。
読んでくださった方、こんな愚痴につきあって下さって心からありがとうございました。
あと一回このカテゴリは使いますが、その後二度と使うことのないよう願っております。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント