次回作に不安と不穏ののこる「すごかちりょう」感想(上)。

こんばんは、宮本一二三です。
駆けこみ乗車的なイキオイで今週の「すごかちりょう」にツッコミを入れます。
今回はメモ両面で五枚です。あーこれ今日中に終んないヤツだ。申しわけありません。
時間と気力がないのでメモをじかに写すクオリティでやっつけ作業します。(´_ゝ`)
なお、いまだに「ニチアサのアレ」がお好きな方はお帰りいただいたほうが無難です。
今回は通りすがりとワープとご都合主義のとくに顕著な回でした。今までのライダーでも少しはあった要素なんですけど、脚本の不備が多い(無駄が多くて説明不足でグダる)とシーンの不自然さがすごく目立ってしまうのを実感しました。

◇ 前回のツッコミ・とりこぼし ◇ 
そういえば、ニコも以前「ゲムデウスウイルス」に感染したはずなのに、クロゲムと対峙したときだけにエフェクトかかって発症するのは謎ですね。やはりご都合主義なんでしょうか?

2017-08-23 ex-aid
OP映像の映画画像見ていたら、ゲムデウスって使い捨てどころか使いまわしでかつてないほどに衝撃を受けました。((((;゚Д゚)))))))

主題歌終わってすぐにパンデミック映像。
逃げまどう人々と追うターキー頭。ニュース画面に「ゲーム病」とでて舌打ちしたくなる。
(ニュースのアナウンサーが襲われてターキーに変化するにいたっては、C級くらいのゾンビ映画みたいで酷い描写だなーとしみじみする)

クロゲム第二形態から、かつて倒されたバグスターたちがリサイクル。→ 一般市民を犠牲に増えまくったターキー頭(ザコ敵)乱入、混戦。これもうわけわかんねえな!

通りすがるポッピーとパラド。「戦うしかない!」って今さら感がすごい。二人ともライダーには変身できるのに。

ニコが襲われている人たちをターキー頭から逃がすためにターキー頭をつかんで遠ざけたんですけど、当たり判定が謎すぎる。
触るのはセーフで触られるのはアウトなのか? 変なの。

キリヤターキー頭にショックを受けるヒイロおよび前々回と前回にでてきた母子がターキー頭に変化していてショックを受けるニコ。
脚本家の狙いはなんとなく理解は出来るんですけど、もう身近な人間どーこーより根本(ラスボス)から対処するべき状況なのであざとく悪質な手法だと感じてしまう。

もうこの状況だと劇中キャラは、「自分以外の人々がターキー頭で絶望」「自分もターキー頭になってしまったらどうしよう」って考えになるのでは?

ゲンム(クロト)をビルドに倒させて軽いノリで謝らせるという次作ライダーの下げ描写があんのじょう来た。
本当に碌でもないな「エグ」のスタッフ。
自分を省みずに人に泥を擦りつける行為は恥ずべきものだと思う。

エグとゲンムを間違えるのは、ライダーの形態が似ていたとしても確認させるべき。
エグのエッセンス(?)が欲しいならふつうに頼めばいいのに戦う理由が謎。
「平和主義者」と言いつつ襲ってくるにいたっては意味不明。
相手が生き返るキャラだとしても「ゴメーン!」「間違えた」ですませる雑さ。

脚本も酷いけどコレをそのまま使うスタッフも現場を投げ捨てているとしか思えない。
ビルドが不憫。

最終形態の最強ライダーのはずなのに、ザコのターキー頭からコソコソと身を隠し物陰に隠れて三角座りで頭を抱えるヒーローなんて、ワシは見とうなかった……!
ハイパームテキって名前は返上してしまえよ。

おもむろに前回クロトがこさえた「ゲムワクチンガシャット」を懐から取りだすムテキ。
「もうコレを使うしか」ってならさっさと使え。しかし、唐突にあらわれたポッピーがガシャット強奪、および逃走。

どこかの屋上(病院か?)にポッピーと永夢追いかけっこで到着。ついでにパラド合流。
細かいことなんだけど永夢は変身といていて大丈夫なのか? 
考えてみたらポッピーって家電さえあればバグスターワープ使えるんじゃないのか?
アレ使わないのわざとか? 永夢に捕まえて欲しいのか? 飛んだカマってチャンだな。
それはさておき、ポッピーいわく「ゲムウイルスに罹った人たちを治すためにはポッピーの体にワクチンガシャットを刺して抗体を町全体に届けないといけない」モヨウ。
いやあ、そんなことがポッピーに都合よく出来るなんて知らなかったなあ(棒読み)。

「でもそんなことをしたらポッピーが……」
「わかってる」ってあんたら二人だけで理解してないでこちらにも説明ください。あ、「消えてなくなっちゃう」らしいです。
やあ、知らなかったなあそんな設定(棒読み)。

今さらポッピーのざんげタイム。
「患者の命を奪って生まれたバグスターは消滅しないといけない」ってポッピー自体はそのとおりなのでさておき誰も犠牲にせずに生まれて作さんと平和に暮らしていたバガモンはクロトにアッサリ殺されたんですが彼の奇跡の存在の記憶はどこに消えたのか? 
あとその理屈だとパラドは永夢の妄想からオギャアと生まれた存在なので消えなくていいことになってしまうぞ。パラド自身は生まれたときはともかく育ってからは味方バグスター、クロト、ライドプレイヤー複数人をジェノサイドしてきましたので罪深いと言えば罪深いのだけれど。
しかし、人間を利用して生まれたバグスターはその人間の記憶を受け継いでいるって設定らしいのに、ポッピーの宿主であるところのクロト母にはチラとも触れないのはなんで? そこまでは設定を考えてないのでしょうか。
「患者の命を奪って生まれたバグスターは消滅しないといけない」って聞いた時点でパラドが神妙な顔をしていましたが、前述のとおり出自がちがうのに前提を一緒にされるとチグハグ感がすごいですね。
なんかいつも見ていて感じてきたことなんですけど、脚本家が世界観に向ける思考と言葉が足りないように思う。


※ 思っていたより追加で文章を足してしまい、長くなりましたのでここで一旦きります ※
※ 続きは日がのぼってから更新できたらと思います、すみません ※



今回の視聴率低下の戦犯のプロデューサーは「ビルド」でも続投らしいので、「海外クリエイター・作品制作の十戒」を心に刻んで次回作制作にのぞんでいただきたいです。
脚本家は、もう彼の関わっている作品を徹底的に避けることで対処します。アレは私には合わない芸風です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント