緑中紅一点!!

おはようございます宮本一二三です。
今回は中国の昔の言葉「緑中紅一点」を題材にまとめた画像集です。三点しかないけど。
日本では「紅一点」のみを抜きだして使いますね。日本で使われている言葉の意味だと「男性の集団の中に女性が一人いる」という意味のみですが、本来の「緑中紅一点」は緑の草原の中で赤い花が一点だけ咲いていて目立つ、転じて男集団の中の女性一人は目立つ、日本で使われている意味って感じで変容していっています。
おんなじように日本では短縮しちゃったよ、という言葉では「小心翼翼」や「深謀遠慮」なんかもあります。

170818_063636_ed.jpg
170821_171549_ed.jpg
170818_063637_ed.jpg
色を使われている中国由来の言葉だと「千紫万紅」も綺麗です。
色とりどりの花が咲き乱れているという意味なんです。様々な色、という意味も。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント