心情描写を台詞に頼りすぎる「すごかちりょう」感想(上)。

こんばんは、宮本一二三です。
今日は珍しく「エグ」を放映日に見ました。録画で見たんですけど、永夢とパラドの台詞が噛みあっていなかったり、永夢の台詞がそもそもトンチンカンだったりなので、ちょっと見てはおかしな台詞を書き留める、という効率の悪い見方をしてしまい、通常の三倍くらいに視聴に時間を食いました。
設定の矛盾点やキャラ描写のブレや主人公の鬼畜さなんかに目をつぶり、何も考えずに見たら楽なんだろうなーと遠い目になりますね。

◇ 感想に入る前に前回でのお詫び ◇ 
私の思い込みでうっかりとニコの台詞をじっさいより不当に悪い口調に書いてしまった部分があります。
誤: 「大丈夫じゃねーよ! 見てわかんねぇのかよ!」
正: 「見てわかんないの? 大丈夫なわけないじゃん!」

恣意的に彼女の印象をより悪辣にするつもりはありませんでしたが、まちがっていたことには変わりなく、深くお詫びする所存です。申しわけありませんでした。

――と、自分の悪い部分を豹変させてしまってから今回のツッコミに入っていきます。

これ、来週「パラドのことを思ってワザと辛く当たったんだ。そしてパラドは僕の中で息づいている」って手のひら返しがきても絶対にヒーローとして許せない描写です。(「・ω・)「ガオー
はい、そういうわけで前回のしめを上部にもってきましたが、私の予言した言葉をまんまと踏襲して酷さを三倍にしたような話でしたよ「仮面ライダーエグゼイド」40話!! 
なんでここまで予想が当たるのか、ひょっとしたら公式の人が見たら不思議かと思われるかも知れないんですけど、キャラクターの感情や境遇から話を作る人間は往々にして書き手の狙いまで読めたりするから不思議でもなんでもないんです。私は元々人に頼まれて絵を描いたりする人だったので相手の好みや要望を読むのも得意だし。

◇ 今回もグダグダ試合 ◇ 
今回のゲンム現シャチョーのリセット行為って、「龍騎」の敵やヒロインの兄が使うタイムベントと似たようなワザなのにできたことは自分のガシャット復元&ハイパームテキガシャットだけ消失、というしょぼさでションボリでした。
2017-07-23 ex-aid
最初、なぜかバラ園で永夢とポッピー以外のメンツでゲンム現シャチョーを呼びだし闘う、というヘンテコなシチュエーションでしたが、脚本の内容がスカスカなのをビジュアルで誤魔化しにいっているなーという印象しか残りませんでした。
ここにきて、ようやくゲンム現シャチョーが「時間止め→ ゲーマドライバ&ガシャット強奪」という頭を使った行動をしてくれました。早くその方法を使っていれば悪党らしくてよかったのに。
それはさておき、数回前に心臓損傷したタイガはもう闘っていいんでしょうか?
心臓と血管を人工血管でつなぐ手術って数ヶ月くらいは絶対安静なんじゃないのアレ?
絶対癒着してないよ傷口。あと野暮なツッコミかもしれないが場所的に肋骨もイカレているんじゃないかなあ?


◇ ここから永夢の台詞にスーパーツッコミタイムだ! ◇ 
今回の永夢は八割がた屋上でくつろいでいるという謎の行動をとっていました。
私の読みどおりパラドは生きてましたし、パラド生存=永夢のライダー変身能力は消失していないということです。
自分の意志でパラドを生かす算段をし、まわりに変身できなくなったと偽り、結果的に飛彩・タイガ・キリヤのゲーマドライバおよびガシャット消失、つまり貴重な戦力を三つも無くすという事態を「自分の身勝手さにより」招いたということになります、この主人公失格な研修医は(ちなみにクロトはハイパームテキをもったまま逃げた! 取られたら詰むとはいえヒドイ)。
「お前がそのガシャットを持っていてもムダだ」とクロトに言われた時になぜ永夢は反論しなかったんでしょうか?
(言われるままハイパームテキを渡す行為も不思議です)
誰にも邪魔されないように自分の中で飼い殺していたパラドをいたぶるためだったとしたら薄ら寒いです。


――以下永夢たちの台詞を抜粋しながら淡々とツッコミを入れていきます。
「僕とパラドの心はつながっていた、だから感じていた」
「あいつの心を、パラドは恐怖を感じてた」
そんな恐怖の心を知っている相手を平気で消滅するレベルまで暴行できるってすごい。

「お前が死ぬ直前に僕の中に取りこんで助けた」
「これでおあいこだな」
自分でコロしかけておいて、「助けた」ってドヤ顔するなんて斬新だな。
二つ目の台詞においてはなにが「あいこ」なのか意味不明です。

「思い知っただろ、死ぬってことがどれだけ怖いか」
何話目か前に(ラブリカがクロノスにやられた回の直後だったように思う)、自己消滅におびえるパラドのシーンあったし、永夢が先刻自分でのべたごとく、永夢は感情を感じとれるらしいのであればわざわざコロしにかからなくとももっといい方法でパラドに生命の大事さ、素晴らしさを教えることはできるのではないでしょうか? やってることが意味不明です。

「勝手なことをされたら困るんだ」
前回、生命の危機のある患者の手術中だというのに勝手に職場放棄した人間は自己の行為を反省することもなく他者を「自分勝手」と断ずることができるのでしょうか?
のみならず今回も「変身能力があるのに他人と情報を共有せずに、パラドの精神を必要以上にいたぶる」という自分勝手さだったのですが。

グラファイトが「パラド、遅いから心配したぞ」と言っており、あまりの仲間思いぶりに、まさかニチアサのヒーローものを見ていて敵幹部が一番マトモだと思う日が来るとは……と思わず遠い目になりました。

ポッピー、バグスターふたりの隠れ家に永夢の鬼畜行為を正当化するためにかあらわれる。
(前回のゲンム現シャチョーといい、どうやって居住区をつきとめるんでしょうね? ゲームの親玉はチート的なGPS的な能力で分かるのかもしれませんが、バグスター同士は同族のよしみで場所が分かるんでしょうか)

パラドは「心にこだわっていた」という珍説。
製作元が人の気持ちをぜんぜん忖度しないタイプなので反面教師かな? (´・ω・)カワイソス

怯えているパラドにポッピーが追い打ちをかけるように「永夢は悪くないし、(私は)人間とゲームをして仲良くしたいから、パラドは永夢と一緒に闘おう?」(要約)って言ってグラファイトに平手打ちを喰らってましたが、描写的にネグレクト親やイジメッコやDV加害者の片棒を担ぎ「あの人はいい人なのになんでわからないの?」という被害者を追いこむ無神経な人とポッピーの立ち位置が同じにしか見えず、彼女に同情心がまったくわかないあたりさすがだなあと思いました。

ニコのうわごとめいた台詞は聞き取りにくいので断念しました。
(これでも三回は巻き戻して聞いてんですけどね、台詞)

そもそも永夢が自分が変身できることを隠さなければ、ゲーマドライバおよびガシャットを強奪されることもなかったのに、「ったく、永夢のヤツにまんまとのせられたな」って軽く流すキリヤは馬鹿か?
ほかのふたりもポッピーにそれを聞かされたら永夢の勝手さに怒れよ!!
ニコニコしてる場合かクロト。


※ 翌日本文を追加しました。 ※
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント