絵柄の馴染みぐあいや男女絵の比率とか。

こんばんは宮本一二三です。
前の記事だけだとひじょうに後味が悪い気がして、慌てて記事を作製して追加します。
たいしたものはでませんがどうぞー♪

◇ できるだけ絵柄に統一感をだしたい ◇ 
2017-06-15 kin-on
幼女とコワモテのオジサンだからね!!
人種はあきらかにちがいますけど父娘っぽい感じです。

◇ ミヤモトの表現力ではこれが限界 ◇ 実際はもっと極端な比率でわかりやすい。
2017-06-15 syoujyo-manga
ミヤモトは少年漫画で育ってきたので、ひとつの画風の中で「顔のほとんどを占める縦目」「切れ長で細い横目」を混ぜるのに違和感があり、しかも萌え絵みたいに幼女と少女の顔が一緒というのもなんかちがうなあ、と思ったりするメンドクサイ好みを持っているので、そのニュートラルな目から見たときの男女の絵柄の差は大変面白いです。
唇の表現でも男女差があって、男性作家で描きこむ人は構造的に詳しく描きたい感じで、女性作家は性的な魅力を描きたい感じ(なので男性キャラでも唇プリップリに!)なんですよね。あと鼻の構造の描き方や顎の立体感の描き方なんかも男女差がわかりやすい。巧い人だと性別がサッパリどっちなのかわからないけど!!

余談ですけど、絵描きで男女でどっちか分からない場合は、「食欲としての記号ではなくて性的な記号として舌をだした時のキャラと正反対の性別が描いた人の性別」です。もしくは舌をだすキャラはその描いた人が性的な目で見ている一押しキャラです。
そういう風な目で見ると漫画も味わい深く読めますよ(鬼畜)。
(ノ´▽`*)b☆

今日はもうコレで休みます。おやすみなさい!!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント