兄弟姉妹のエトセトラ。

こんばんは、宮本一二三です。
今家人がTV部屋にいなくて溜まった録画番組を見る絶好のチャンスなんですけど、今現在筆がのっているのでこの記事を更新してからどうするか考えようと思います。

一時期世間的に半死状態だった暗黒期があるんですけど、暇をもてあましてその時やたらめったら本は読んでいたんですよね。
こんなんなんの意味があるんだろうか? みたいな物まで読んでいましたけど、今、そのムダかなと思っていた知識は創作するときにメチャクチャ役にたっていてビックリです。
昔の中国の偉い人が「知識を蓄えても頭じたいは重くならないので知識はいくら持っていてもよい!」みたいなことをのたまっていたんですけど、本当だなーと思います。

さておき、ちょっと自分のアイデンティティーを見失っていた時に兄弟順や心理学や人間対処法関係の本を乱読していたら、覚えていたことがなんとなくキャラクター造形に役立っています。
キャラクターによっては必要じゃなかったりするので全員の家族構成を決めるわけではありませんが、だいたい「第一子がやらかし、末っ子が兄弟たちの失敗を学んで大成し、中間子が記録する」みたいなそんなイメージです。
御伽噺のフォーマットやスポーツ界もだいたい末っ子大活躍ですので、主張の強く心も体も強靭なキャラはだいたい末っ子です。
長子は横暴か慈愛に満ちているかの二極化がはげしく、中間子は風来坊か苦労人かの二極化がはげしいです。
一人っ子はすごく自由度が高いので色々な傾向の人がいますね。
あくまでミヤモトの作るキャラクターでの傾向です。
怒らないでくださいね。:(´◦ω◦`):


◇ なんか似てるふたり ◇ 
2017-06-10 settei01
ミヤモト自体は末っ子時代を満喫する前に弟が生まれたので中間子の中の中間子・生え抜きのエリート中間子です(ナニソレ?)。
すぐ下の上弟は下弟が生まれるまで間が開きすぎているのでこっちのほうが性格は末っ子っぽいです。要領がよくて甘え上手で甘えに気づいていないあたりが。末っ子の下弟のほうが長男ぽいです。たまに末っ子ぽい一面が見えてなごみますねー。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント