おのぼりさん帰還。

こんばんは、ダレヤメという名の飲酒をしている宮本一二三です。
今日は、久留米に「吉田博展」を見に行き、その脚でそのまま小倉に行って「九州プレコミティア」に一般参加するという、正しい(?)オタクの休日を送ってきました。
楽しかったです。明日は明日で鹿児島市内に行きます。
今日の疲れが残っちゃマズイので、吉田博展に付随する写真のみをのせて本日の記事更新は終了する模様です。
本当は昨日のうちに更新が終わっていた記事もあるはずでしたが、昨日はありえないほど眠くて一件のみ更新でした。

◇ 朝から晩まで新幹線 ◇ 
宮本は新幹線は超得意なんですけど、バスに慣れずに今日は要らん出費をしてきました。
ただしバスに乗るのは好きなので、懐が痛む以外のダメージはあまりないのは不幸中の幸いです。

2017-02-18 asayake
2017-02-18 asa-tettou
2017-02-18 yuyake
けっこうたくさん撮ったんですけど、枚数制限をしてよりによったらこれだけになってしまいました。
一番下は小倉駅の夕焼けです。

◇ 石橋美術館 ◇ 
2017-02-18 ishibashi-bijyutukan
CIMG9376.jpg
2017-02-18 nobori
全体的にオシャレ。

◇ 鳥と植物 ◇ 
2017-02-18 tori1
2017-02-18 tori2
2017-02-18 tori3
文化センター内には鳥がたくさんいて、鳥好きにはたまらないスポットです。
2017-02-18 platanus
まっくろくろすけがぶら下がっているみたいなこの木はなんだろうと思ったら、プラタナスの木みたいでした。
庭も今、梅が盛りで綺麗です。

吉田博展は素敵でした! 閲覧後に3000円の作品集を思わず買ったほどです。
アジアの各地を中心的に木版画にした時代と、初期からの水彩画がとくに好きです。
今では考えられないほど何度も版を重ねているのに色あいに透明感があって、実物はとても迫力がありました。
光の繊細な表現や赤と青の色の使い方が美しい。
ただ、戦時中の絵はその一角全体から重苦しさが伝わってきて、じっくり見ることが出来ませんでした。
精神的に弱いなあ私。
吉田博の作品群を見た後は、おなじ場所で開催されていた中学生達の作品を拝見してきました。
若い人の作品は感性が柔軟で新鮮ですね。あと基本的に色が明るいの。
フレッシュさを感じつつも、自分が中学校の時の感覚を呼び覚まされて懐かしくもありました。

今日は目をえらく酷使しすぎたような気がしましたが、眼福でした。
ほっとくとあまり家からでないような人間ですが、たまに遠出するのも有意義ですね。
ではまたー。明日は出来るだけ早起きできたらいいな。

◇ 2月18日のミヤモト ◇ 

2017-02-18 kyoumiya
上瞼の重量と、お布団の誘惑にあらがえません。
寝ます!! (。>ω<。)ノ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント