両方やってこそわかるアレヤコレヤ。

こんばんは、宮本一二三です。
なんか今、話の土台を作っていてつくづく思うんですけど、「中途半端に知ってたり、やってたりする層」が一番害悪ですよね。初心者~初心者ちょっと抜けたかな? くらいの人達。技術よりノウハウが勝っている感じの人は特にね。
もちろんその時点で謙虚な人もいますし、自分も未熟でやらかした時ちょうどそのへんだったので自戒もこめてます。
ガチおよび、精神的に必要なので絵を描いたり文章を書いたりが日常な人にその手の人間は本当に不用意なことばかり平気で言う(なぜ言えるかというと相手がどのくらいの熱量を作品に注いでいるか見えないから! コレ巧い下手関係なしでね)ので、そういう人に囲まれている人は挫けないで欲しいなあと遠い目をして思います。
レベルが上がってくると人のこと構わなくなるし、だいたい相手がなにを狙っているか理解するので、不用意なことは言わなくなってくるんじゃないかと思う。まあ、その作り手の性格にもよるけど。
宮本もそんなに絵は巧くないんですけど、大昔明らかに私がどんだけ毎日描いているか知っている人に「絵が巧くてズルイ」呼ばわりされてポカーンってなったことがありますですよ。
その人からは「描いてるキャラの目が偽善者ぽい」(今にしても意味が解らない)って難癖つけられてなぜか延々と手直しするはめになったことがあったなあ。あとキャラのマント(ちょっとフェイク)の長さを延々とちがうっていわれたりね。
最初からどのていどの長さか具体的に言ってよ! いちいち手直しするのって大変なんだぞ!!(いまさら)

他の人には「アジアの民族衣装好きなんだ」って言ったら、「私、民族衣装嫌い」って言われた時があります。
なんでやねん!!(なぜ関西弁?)
一番の大ボスっぽい人にはもっといろいろやられて思いだすのも鬱ですが、全員見事なまでに今現在は疎遠です。
あといまだにアジアの民族衣装は大好きです!! ヽ(´∀`)ノ 
手直しを要求されて本当に有意義だったのはやはりある程度ガチでやる人でしたね。


前置きが長くなってすみません。私は今現在、絵と話つくりを両方やっているから痛いくらいにわかるんですけど、具体的にイメージが出来てないものに、絵をつけるのって大変なんだよね。
というか、ぶっちゃけ大声でこう主張したい。
2017-02-15 zaregoto
絵描きってのは基本受身なんで、依頼主からイメージの受信できないものは描けないんだよ!
絵描きに世界観を一から作ってもらおうなんておこがましいよ!!
せめてどういう風な世界観なのかしっかり目測を立てろよ!!!
(今、創作関係で組んでいる人が一切いないので平気で暴言をはきます)

2017-02-15 wakamiyamoto
振り回されるほうは大変なんだよ。(´・_・`)
絵描きの顔も三度までです。


◇ オマケというより蛇足 ◇ 

2017-02-15 india
印度マン(中の人)はかつて「龍天界起」の世界観とは対として作っていた「西方の竜」話のネタが気になってたまらないようです。
主人公・アストの肌の露出にやられているとしか思えませんが(失礼)、あっちのネタはあっちのネタで宗教関係や風俗や風習の調べ物が必要だし、シナリオ部分はわりと「天星神話」に流用した部分が多いし、なので、頼むから掘り返さないで欲しいです。
一個の話でどれだけの思考と労力がかかっているかというとガチでやるとえらいことですよ。
あと、資料代(と置き場所)ね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント