あまりにも理不尽な現実が真理夫おじさんを襲う!!(あとすごい治療感想)

こんばんは、宮本一二三です。
今週のニチアサスーパーヒーロータイムは両方ともクリスマス回だったんですが、やっぱりというか案の定というかクッキリ明暗のわかれる話でした。しかもどちらもパティシエがらみという。

◇ プレゼントに砥石をチョイスする人をはじめてみた ◇  
2016-12-27 toisi-oisii
ジュウオウジャーは終盤ということもあり、真理夫おじさんにジューマンだのジュウオウジャーだのがバレてしまいました。混乱しつつも消火器を持ってデスガリアンに立ち向かおうとする真理夫おじさんとか、ジューマンの四人がクリスマスを知らなかったり家をでたままなのを心配したり、家に帰らない大和を諭したりするシーンとかいいですね。
いい大人という感じ。
ジューマン4人は協力してそんな素敵で懐の深い真理夫おじさんにクリスマスプレゼントを贈ろうとし、所持金を出しあうのですが、セラ以外紙幣を持っていないさまが見事な性格描写になっていてほのぼのしました。ちゃんとお金を稼いでプレゼントを買おうとするのもいいですね。働いたお金をたしても消費税で足りずに困る4人も、そのあとの大和の粋な計らいも素敵です。

デスガリアンにお店の外装を変えられてしまったケーキ屋さんが本当にケーキ屋さんって感じの人選でよかったです。ああいう部分での説得力は大事ですよね。今回はデスガリアンのデザイン(カラフルな絵具チューブを両肩につけた姿)も能力(絵を描くとそれが実体化する)も見ていて楽しかった!!
いぜん、どっかの特撮感想に書いた「クインティー」ってゲームがまさにああいうお絵かきをする厄介な敵がでてくるので懐かしく思いました(能力はちがいますが。クインティーの画家敵は主人公キャラがめくって敵を攻撃する床に絵を描いて動かなくさせてしまう!)。

ジュウオウホエールはアザルドに敵対心むきだしでしたが、アレ、前回でジュウオウバードとアザルドが闘った時、ジュウオウキューブウェポンをアザルドがまちがって取り込んでしまったからですよね!! 
あのへんの設定回収もワクワクしますね!!
次回まさかの真理夫おじさんがピンク色に染まるんですけど、アバレピンク的なアレでしょうか。楽しみでなりません。真理夫おじさんは海外に行くって言ってたからハラハラしたけど意外と早いご帰還でよかった。
クリスマスプレゼントは間にあわなかったけどパーティーは楽しそうでしたね♪
みんなに料理をとりわけるみっちゃんは、オカンか、オカンなのか? Σ(´Д`*) 


◇ また新キャラ増えてやがる ◇ 
2016-12-27 ex-aid
エグゼイドの主要キャラのうち、比較的マトモにほかのキャラと会話の出来る九条ことレーザーが今回犬死しました。……と書いたらワンコにも九条にも失礼ですね。
なんかもう絶句。前回一人くらいサッショウしたほうがいい、みたいな文を書いた覚えがありますが、それはあくまで「キャラクターや話を生かせるように」なので、今回『あからさまに黒幕のヤツが差し出したアイテム』を『なんの疑いもせずに使い』なおかつ『生命力を削られるまま犬死』みたいなのを視聴者は求めていません。
つくづく今までの人物描写の薄さ、積み立てのなさ、設定の関連性のなさを実感します。
「ポッピーピポパポ=バグスター」設定も唐突すぎだし、「永夢も飛彩もポッピーの正体を知っていたけど黙っていた」ってのも、なんか脚本家のドヤ顔が透けて見えるようで不愉快。
ポッピー自体は院長とポピポピ語で話したり、音ゲーでポピポピ歌っていたりしてかなり痛々しいです。とくに前記の院長とのおふざけは……アレ、面白いか?
けっこう重要な設定をないがしろにして、しかも視聴者は知らないだろ、ザマアなんて書き方は悪質です。あと、今回前回に引き続きおなじ母子がゲストだったんですけど、「両親ともパティシエ」というのは頼むから前回のうちに聞いていてくれよ、と思わず頭を抱えました。感染した子供のストレスに関係しそうな部分なのに聞かないのはおかしいです。
今回、また新キャラの女子(ラッパー風)が登場しました。グラファイト(スーパーかませ)と九条(永夢に謝られなくてかわいそう)が抜けたからってコレですか? 
正直、今までのキャラを大事に描写して巧く運用するようにして欲しいです。俳優さんを新規で雇うのもかなりのコストがかかるんじゃなかったっけ? 契約料とか拘束時間での料金とか。まったく知らないけど。
キャラクターを厳選してそのぶんロケ地や設定まわりに予算を消費したほうが世界観に厚みがでそう。
今回はね、小道具さんたちが一生懸命ホワイトボードやらのポッピーまわりを可愛いイラストなどで華やかに飾ろうとしていて、その労力をみて悲しくなってきました。これが素敵な作品内での描写だったら曇りなきナマコ眼で見られるのになあ。

もうすでにグズグズなんですけどこの作品どこまで酷くなるかなあ。
毎回、やろうとしていることはうっすら解るんだけど健全な方向から人物描写がズレていて脳にストーリーが残んないんだよね。



◇ 12月27日のミヤモト ◇ 

2016-12-27 kyoumiya
健康に良くなさそうなのでほどほどにしようと思います。
寝返り打てないし。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント