どっどっドリフの首おいてけ(やっぱり長文)。

こんばんは、宮本一二三です。
さきほど今週のライダーと戦隊を見て、なんか疲れたので「ドリフターズ」の第二幕の二回目を見て回復してきました!

◇ 史実でもイケメン ◇ 
おおいくさの前に部下のひとりひとりを呼びだしてサシで呑んで、士気をあげていたという逸話がありますね。
2016-10-16 toyohisa
なんかデカイサイズですが気にしないでください。私が描くと狂気成分抜けてイマイチだなあ。

感想。OPがすごくカッコイイ。具体的に書くと映像と歌の親和性が高い!
英語の歌詞であまりのスタイリッシュさにビックリしましたが、「NaNaNaNa……」の部分でサブキャラの皆さんがデフォルメ絵で口パクパクしているのとかいいですね!! CGでキラキラした綺麗な止め絵と、アクション部分の初代LUРIN三世アニメの背景を思いだすコンテ絵の融合が素晴らしい
OP映像にはけっこう巻数進んだところにでてくるキャラまでいたんですけど、どこまで話を進めるのでしょうかね?

この話、原作からして毎回流血沙汰で冗談みたいに血や首が飛び交う感じなんですけど、漫画は止め絵なためにじゃっかん薄れるエグさが動くとモロにきますね。まあ原作で農奴に落としたエルフに因縁をつけて処刑しまくるという悪徳武官の罪を豊久が糺すので、その爽快さ? で相殺なのですが。
二話目では、島津豊久、織田信長、那須与一、のそれぞれのいくさ人としてのえげつなさがうまい具合に描かれていました。
豊久は命の借り(もしくは仇)を命で返すこと、信長は麦畑を焼くことでエルフのよりどころをなくし自分の要求を通しやすくすること、与一は逃げた敵を一切逃がさずサッSHOWすることで、それぞれの容赦のなさが遺憾なく発揮されていました。巧いなあ。

このあと、漫画原作どおりに紫とEASYという、謎の人たちのいがみあいなんですけど、そこの白と黒の鬩ぎあいが映像的に面白かったです。有利になったほうの色がぐおおおお! って広がるところすごい二人の関係性が分かりやすい。

最後は、ちょっと原作での漂流者(ドリフターズ)とのちょっとしたこぜりあいは飛ばして、廃棄物(エンズ)たちをシルエットで表現したところで締めていたのも、一話一話新鮮な気持ちで見ている初見の人に親切だったのではないでしょうか? 構成がすごい巧いなあ。
たぶん今回の第二幕の冒頭で古代の剣闘士スタイルで殴りあっていたご老人ふたりの燃えるシーンは、次回でやるんでしょうなあ。あのシーンお互いいがみあっているふたりのいいライバルぶりが滲み出ていて大好きなので楽しみです。

次回も楽しみです!!

そういやあ、第一幕のときはアニメ視聴に必死で気づかなかったんですけど、「戦国大名島津氏展」という素敵な催しが鹿児島の仙巌園の尚古集成館で開催中らしいので、機会があればいきたいなあ。
♪(o・ω・)ノ))
これからちょっとお金を使う予定があるので、明日から禁酒生活です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント