視覚優先型と聴覚優先型のちがいとか。

こんばんは、宮本一二三です。
眠さ絶好調!! ヽ( ´_`)丿

この前ブログに書いてたことなんですけど、「描いた本人にしかわからない隠喩」をキャラの絵にこめて描いていたの印度マン(モデル)だけにはばれてました!! かなり正確に当ててきてたので「見透かしすぎてて怖いよ」と言ったら、「こちらこそ気づいたとき肝が冷えた」と返されました。ハハハハなんのことかな?? (゚д゚)
あと、ちょっと衣装のデザインで差異がある部分にも理由はコレかとツッコまれてそれも当たっていたのでオソロシイです、視覚優先型人間。細かいところ見すぎ!!

「文誠の過去話の人物は色名で構成されているのは『文が模様』でそれに対応させてるの?」って聞いてきた聴覚優先型のあの人の平和っぷりを見習ってください。ごめんなさい、ノリで名前をつけてて関連性なんて考えてなかったです! 白星・銀鬼・紅鳳仙……たしかに色の名前ばっかりですし、李羽翼の李もよく考えたら色名(あんず色)を想起させますね!
どちらかというとMIBOUJINこと蛍晶とその息子の昴を「ヒカリモノ」で統一させてました。
「もういっそのことほかの登場人物も色で考えたら?」と助言されたのでそっち関係で考えようかな。ラクだし。

2016-09-25 panda
本文に関係ないものを描くのが最近のマイブームです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント