カラー下準備。

こんばんは宮本一二三です。
日中は大ボスクラスの睡魔に襲われてひたすら寝てました。
○| ̄|_


◇ 元絵から、トレペへ ◇ 
2016-06-26 sitae1
「元絵」
何日か前に描いていた絵に武器(弓)を加筆して元絵にしました。
主人公はべつに徒手空拳状態で違和感はないのですけど、文誠は長物を持たしていないと自分でも違和感を覚えるほどもはや武器が体の一部です。

2016-06-26 sitae2
「トレーシングペーパー」
トレペから本番用紙に描き写すときは、あとで加筆できるので最低限の線だけ色鉛筆でひろいます。
全部写そうとすればかえって破綻したりくどくなると経験でわかっているので、線には固執しません。
写しとった線を色鉛筆で補強するとき、もしくは色をぬるときは、最初描きたいイメージがぶれないように元絵を横において参照しながら作業を進めていきます。

2016-06-26 sitae3
「トレーシングペーパー2」
昨日の絵もかるくぬってみようとついでに元絵を写しとりました。
四角い部分は空と雲を描く予定ですが、今回の絵の雲はキッチリ形を決めてしまうよりランダムなにじみを利用したほうがよさそうなので、雲の描線は描きません。

2016-06-26 himehiougi-zuisen
昨日の「今日のミヤモト」においていた写真。
ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)です。
とても夏らしい色、

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント