和物に弱い宮本(1)。

こんばんは、宮本一二三です。♪(/・ω・)/ ♪
よくつかうスケッチブックの在庫を買いにありそうな各所を回っているんですけど、必要なサイズ(A5)だけなくてちょっと落ちつかないです。こういうとき田舎は困りますね。おのれ田舎!!

◇ モフモフ・モフモフ!! ◇
2016-04-29 ookami
「大神 絶景版」買いましたイエー!!
ちゃんと新品で買いました。イエー!!
 田舎バンザイ!!
それはいいんですけど、新品特有のぴっちり薄プラはゲームに入る前の最初の敵です。
新品のCDの薄プラをはがすのも苦手です。不器用だからね!
上の弟が「プレイステーション3」を持っていてよかったです。
これ、パッケージのアマテラスさんも格好いいけど、タイトル文字の「大神」もカッコイイですよね!
うちの母が書道をやっていたおかげでじゃっかん目が肥えていてよかった。日本らしさを売りにしているくせに本当は日本らしさを尊重していないヘンな作品はタイトルの文字を見ただけでその胡散臭さがわかるもの。
ゲームのジャケットにのっているなぞの根付は、不思議な音がする勾玉のキーホルダーです。
穴が開いてないのに神社を髣髴とさせる金属質の鈴の音がします。私はとても好きな音色なんですが、上の弟はファミコンの「スイートホーム」(ホラーゲーム)を思いだして気持ちが不安定になる、と言っており不評でした。
かけうどんが食べられそうないい値段でしたが、これは「龍龍」の主人公のイメージに近似していてつい衝動買いしてしまったものです。捨てたパッケージをゴミばこからだしてみたら、「勾玉水琴鈴」という名前の物らしい。ちなみに熊本で買いました♪


追加でぼやきますが、字が巧いのはあくまで「宮本の母」(しかもやめちゃって目に見えて下手になっていて大変勿体ない!)であって、宮本自体の字の巧さはお察しレベルです。(´・_・`)ホントに目だけが肥えてるの。
一人だけ、ペン習字みたいなのは習わされていたけどだいっ嫌いだったからなあ。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント